シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

本当に幸せ?シングルマザーとして子どものために考えたいこと

Id75 00

子どものために何ができるだろう?

id75-01

結婚するのは簡単だけれど、離婚するのは倍の労力がかかる、とはよく言われることです。ましてや子どもがいると、親権・監護権をどちらにするか、養育費の金額、別れた夫と子どもの面会……、など何かと悩ましい問題がでてきますよね。

子どもを別れた夫と会わせるべき?

id75-02離婚した当初は、別れた夫に対して、ネガティブな感情を抱きがちだと思います。しかし、父親との面会交流は「子どもの利益が第一優先」であって、親の権利ではないことに注意しましょう。

「子どもの将来のために」と割り切ることも必要

欧米の事例研究では、子どもと父親の絆はできる限り絶やさないことが、子どもの精神安定や人格形成にも良いとされています。よほど素行の悪い父親でない限り、子どもの成長にはある程度の「毒」も「薬」も必要だ! と割り切って、元夫には子どもの成長を見守る良きサポーターになってもらいましょう。

当事者間で調整できない場合は、第三者に介入してもらうことも

感情的なもつれや金銭問題などが絡んでしまって、どうしても当事者だけではうまく話し合いができない場合は、家庭裁判所で面会交流について調停を申し立てることもできます。

自分の不安を乗り越えよう

離婚する前に想像していたよりも、シングルマザー生活は波乱に満ちています。この先どうなってしまうんだろう? と不安にかられる人も多いでしょう。しかし、母親自身が不安そうな気持ちで日々過ごしていると、子どもにも伝染してしまうかもしれません。

シンママになったら読みたい子育て本

子どもを幸せにできるのか? と不安にかられるシンママにおススメの本がこちら。

『離婚しても子どもを幸せにする方法』日本評論社
イリサ・P. ベイネイデック・キャサリン・F. ブラウン 著
高田 裕子 訳

アメリカでの事例が多く、片方の親にしか親権が認められていない日本との違いなどはあるものの、当事者をはじめとする家族が抱える精神的な苦悩、その乗り越え方は参考になりますよ。