シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

シングルマザー必見!履歴書の書き方とコツ

Id76 0

― 関連記事 ―
シングルマザー(母子家庭)におすすめの仕事

シングルマザーが良い仕事につくためには履歴書をどう書くべき?

id76-1

シングルマザーが仕事につこうと思うと、なにかとハンディキャップがあるように思いがち。まずはつきたい仕事の担当者の目に留まるように履歴書をつくりましょう。

実際に履歴書を書いてみましょう

id76-2

自分に合った履歴書選び

履歴書にはさまざまな種類があるのをご存じですか? 学歴や職歴欄が充実しているもの、自己PRの項目が多いもの・少ないもの、記入が簡単なパートやアルバイト用のもの……、などなど。学歴が気になる人や職歴に記入することが少ない人には、学歴・職歴欄のボリュームが少ないパート・アルバイト用も良いかもしれませんね。

  • JIS規格 学歴・職歴欄が多く、自己PR欄の項目が少ないタイプです。特に社会人経験の長い方(職歴がアピールの材料になる方)に利用されています。
  • 一般用 JIS規格の履歴書と比較して、自己PR欄の項目が多いタイプです。特に社会人経験の浅い方(職歴でアピールできるものが少ない方)に利用されています。
  • 転職用 職務経歴書用紙もセットになっている、もしくは退職理由を記載できる項目があるタイプです。特に、転職回数が多く、JIS規格の履歴書では書ききれないという方に利用されています。
  • パート/アルバイト用 希望曜日や時間などを記載できる項目があるタイプです。パートやアルバイトの仕事を探す学生や主婦の方たちに利用されています。

en 転職大辞典「履歴書用紙の種類と特徴とは?」
http://www.enjapan.com/tenshoku-daijiten/8126/

学歴を記入するポイント

学歴は、義務教育が終了した中学校の卒業から記入しましょう。入学/卒業、学校名、学部、専攻したコースや学科なども省略せずに記載してください。

職歴を記入するポイント

職歴については、いつどこに入社し、退社したのかを明記しましょう。また、派遣社員として働いていた場合には、派遣元の会社と派遣された先の会社も記載する必要があります。

また学歴と職歴は、それぞれ書き始めの最初の行に「学歴」「職歴」と書いて分かりやすくしましょう。

ブランクの期間はどう盛り込む?

ブランクの期間は、「○年以降○月まで育児に専念」などと記載しておくと分かりやすいです。ブランクが長くて心配な場合はいきなり正社員に応募するのではなく、慣れるまで派遣会社などに登録して働くのもひとつの手ですね。

「免許・資格」は積極的に記載しましょう

持っている資格や免許は役に立つことも多いので、しっかり記載しましょう! 資格の名前は省略せずに、必ず正式名称で書いてくださいね。