シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

子連れ同士の再婚!子どものために考えたいこと

ライター 森本由紀

1児の母。12年の結婚生活を経て40代で離婚しシングルマザーに。現在は行政書士・カウンセラーとして活躍するかたわら、ライターとしても執筆活動を行っています。

Photo yuki morimoto

Id71 00

子連れ同士の再婚には複雑な問題がある

id71-01

シングルマザーの再婚は、自分だけの問題ではありません。再婚相手にも連れ子がいれば、相手の子どもとの関係もありますから、より一層問題が複雑になります。

― 関連記事 ―
シングルマザー(母子家庭)の再婚を成功させるタイミングと気をつけたいポイント

もし相手が、自分の子どもを大事にしてくれなかったら?

再婚相手が自分の子どもをかわいがってくれるか心配でしょう。もし相手が自分の子どもを怒ることがあれば、それが愛情から出た言葉なのか、本当に非難しているのか、不安になることもあると思います。子どもにとっても、実の親以外から怒られると、余計に反抗心をもってしまうこともあります。

自分が相手の子どもをかわいいと思えないかも

反対に、自分が再婚相手の連れ子をかわいいと思えなかったらどうしよう、という不安をもつ人もいるでしょう。もし家族関係がぎこちなくなってしまえば、「何のために再婚したのか」と考えてしまう人もいるかもしれません。

子ども同士がうまくいくかどうか心配

まだ小さい年齢なら兄弟(姉妹)ができるのを素直に喜んでくれることが多いですが、思春期の子どもの場合は注意が必要です。この頃はただでさえ親の再婚に複雑な感情を抱きがちですから、相手の子どもにも打ち解けられないことがあります。特に異性の子であった場合、一緒に暮らすのであればより十分な配慮が必要です。

子連れ再婚するなら何に気をつけたらいい?

id71-02

相手の子どもも自分の子どもと同じように受け入れる

再婚したからといって、すぐに家族にはなれないかもしれません。ある程度の時間がかかってしまうと思っておいたほうが良いと思います。一番大切なことは、相手の子どもを自分の子どもと同じように受け入れる姿勢。もし相手の子どもに拒絶されるようなことがあっても、あなたが受け入れる姿勢を崩さなければ、きっと心を開いてくれるはずです。

自分の子どもへの配慮を忘れずに

再婚したときに、相手の子どもに気を使いすぎて、自分の子どもをおざなりにしてしまうこともあるかもしれません。SOSを発信してきたときには、しっかり受け止めてあげられるよう、一番に見てあげましょう。

結婚前に準備期間を設けてみる

子連れ再婚する場合、婚姻届を出す前にお試し期間を設けてみるという方法もあります。実際に一緒に暮らしてみなければ、わからないことがたくさんあるはず。同居してみて、家族としてやっていけそうという自信がついた段階で、婚姻届を出してみてはどうでしょうか?