シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

シングルマザー(母子家庭)におすすめの仕事

ライター 辻寿子

フリーライター歴22年、シンママ歴6年。一卵性双生児の息子は、長男が脳性マヒで車椅子。日本化粧品検定1級、サプリメントアドバイザー取得。結婚歴3回、死別→離婚→離婚の経験あり。

Photo hisako tuji

Id08 00

シングルマザー(母子家庭)になったら働き手は自分一人。仕事をしなければ生活することはできません。

しかし、結婚前から仕事を続けている人や、資格を活かしていつでも仕事を再開できる人はいいのですが、長いブランクや資格がないというシングルマザーはどうしたらいいのでしょうか?

何を優先するかで選択する仕事も変わる

何を生活の最優先に持って来るかで、仕事の選択も変わってくると思います。今回は、優先順位別に見る、シングルマザーにおすすめの仕事を紹介します。

 

収入第一!収入重視型には「生命保険の外交員」

]

営業経験がある、または外回りが苦にならないならば、シングルマザーでもじゅうぶんに収入を確保できるのが生命保険の外交員。

会社によって差はありますが、基本給は手取りで月13~15万円程度、成績や資格の手当が1~3万円程度つくことがあります。大きく成績に左右されることがあるため、収入に変動がありますが、成績を上げ続けると年収1,000万以上稼ぐことも不可能ではありません。

ポイント

生命保険会社は、福利厚生面がしっかりしており、通勤手当はもちろん、退職金制度などが完備されている企業がほとんど。また、大変だと敬遠されがちなため、就職のしやすさも一般事務などと比べるとかなり上がります。

基本的に朝と夕方は出社ですが、その間は自分のペースでスケジュール管理ができます。子どもの行事などにも参加しやすく、極端に残業が続くということもないようです。

とにかく収入を重視したい! やる気満々! という方には、ぜひおすすめしたい仕事です。

 

必要とされたい。やりがい重視の「介護職」

未経験でも、40代以上でも、1日1時間からでも働ける! というシングルマザーの味方のような職業が、介護職です。

なんといっても、未経験でも就職可能で、現在資格がなくても働きながら資格が取れるのが魅力! 深刻な介護職不足で常に雇用があるため、景気に左右される心配もありません。

ポイント

時間や働き方を柔軟に選択できるので、子どもが小さい内はパート、小学校高学年になってお留守番ができるようになってきたら正社員や夜勤など、自分の環境によって働き方をシフトできます。

介護職には子育て経験が生かせる

「経験も知識もないし……」と悩む必要はありません。あなたには、子育ての経験があります! 介護職には、あなたの子育ての経験をじゅうぶんに生かせるのです。何よりも、あなたが必要とされることで、やりがいを見い出すことができることでしょう。

体力の必要な仕事ですが、これもコツを覚えれば大丈夫! 楽しく充実した仕事を持つことで、子どもとの時間も幸せに過ごせそうです。

 

やりがい重視で求人多数!「介護福祉士」

就職先を探しやすくするには、資格を取得しておくことが強みになります。中でも、求人が多いのが「介護・福祉」の仕事。資格を取るまでには3年以上の実務経験が必要ですが、国家資格であり、一度取得すれば、介護の幅広い分野で活躍できます。また、ある程度時間の融通がききやすいため、比較的、子育てとも両立しやすくなっています。

介護福祉士になるには?

「介護福祉士」の資格を取るには、福祉系の大学や専門学校を卒業するか、3年以上の実務経験かつ実務者研修を修了して国家試験に合格する必要があります(平成28年度より)。まずは介護職の入門ともいえる「介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)」を取得し、働きながら実務経験を積んでのステップアップを目指しましょう。



ママモワでは希望条件に合わせた介護職のお仕事を専任のコンサルタントが無料でご紹介しています。
関心のある方は、求人紹介登録フォームにお気軽にご登録ください。

子どもとの時間優先。時間の融通重視の「医療事務」

女性に大人気の医療事務のお仕事は資格職です。一度資格を取ると、全国どこでも生かすことができるでしょう。シングルマザーが取得した資格のNo.1でもあります。

実は、医療事務の資格は取得しやすいのです。最短1カ月の勉強で合格できることもありますし、受験費用も2万円程度と、他の資格に比べて非常に安価です。

ポイント

働く場所は基本的に病院なので、勤務時間がキッチリ決まっており、残業もほぼありません。子どもの病気など不測の事態にも「お互いさま」という雰囲気があり、子育てへの理解が得られやすく働きやすい職場が多いようです。

収入は、正社員なら平均年収200万程度、パートなら年収150万程度。裕福とはいかないまでも、残業がほとんどなく、休日は学校と重なることが多いので、子どもとの時間はしっかり確保できます。自宅の近くで職場を見つけやすいのもメリットですね!

残業少なめ!求人多数!「歯科衛生士」

こちらは国家資格で、一度取得すれば長く使えます。しかも、「歯科医院の数はコンビニよりも多い」ともいわれており、求人も多くあります。また、歯科医院は入院患者がいないため、残業は少なめのところが多いです。勤務先の方針にもよりますが、基本的に不規則な生活にはなりにくいのもポイント。

歯科衛生士になるには?

高校卒業後、歯科衛生士養成機関である専門学校や大学(短大)で学び、卒業すると国家資格への受験資格が得られます。その後、国家試験へ合格すると歯科衛生士の資格取得となります。シンママには難しいように思えますが、専門学校のなかには夜間部を設けているところも。ちなみに、養成機関は3年制以上(夜間部も同様)となります。

 

まとめ

仕事に何を求めるか、優先順位別に見てきたシングルマザーにおすすめの仕事、いかがでしたか? 子育ては永遠に続くものではありません。そして子どもはいつまでも小さいわけではありません。今、自分や子どもたちが大切にしたいことを考えながら仕事を選べば、後悔しないで仕事を続けられるはずです。