シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

時間のないシンママのために!効率的に仕事を探す3つのコツ

Id110 001

― 関連記事 ―
介護職がシングルマザーにおすすめな理由

忙しいけど、いい仕事につきたい……

id110-01

育児と家事で、さまざまな求人に目を通している時間がないシンママ。生活のため、条件の良い職探しは死活問題ですが、むやみやたらに履歴書を送るのは非効率的。特に新聞や雑誌などに掲載されている求人は、あっという間に埋まってしまったり競争率が高かったりするので、あまりオススメできません。ここでは、忙しいシンママが効率良く仕事を探すための3つのコツをお伝えしたいと思います。

<コツ1>まずは職探しの王道!転職エージェントや派遣会社に登録する

id110-02

すでに職歴のあるシンママならば、まずは職探しの王道「転職エージェント」に登録すると良いでしょう。転職エージェントはインターネットから登録することができ、希望すればキャリアコンサルタントによる適職診断・キャリアカウンセリングなども無料で受けることができます。職歴のあるシンママは積極的に活用してみてください。
エージェントには、あらかじめ希望する給与・勤務形態などをヒアリングされますので、ここでは妥協せずに希望する条件を伝えましょう。

初めての事務職なら、派遣会社もオススメ

一般事務系を志望する場合は、派遣会社への登録がオススメです。派遣社員は「3年以上同じ職場で働いてはいけない」という決まりがあります。ですが、直接雇用が前提となる「紹介予定派遣」という形態での採用だと、一定期間(最長6カ月)働いたのちに双方合意のうえで正社員として雇用されるのです。
また、事務職は初めてという人向けに、無料でパソコン研修やマナー研修が受けられる派遣会社もあります。事務系に初めてチャレンジしたいシンママにとっては、手厚いサポートが受けられて安心ですね。

エージェント・派遣会社はたくさんある

エージェント・派遣会社のいずれの場合も、業界ごとの給与の相場などを教えてくれたり、自分の適性と条件に近い求人案件を紹介したりしてくれます。また、紹介先の企業についても情報があるので、職場環境などをあらかじめ聞くことができる点もメリットですね。

エージェントや派遣会社によって強みのある業界や職種が異なるため、複数登録することをオススメします。例えば、医療系業界や専門職系に強い会社もあれば、女性向けの紹介に特化した会社もありますので、あらかじめ特徴を把握しておきましょう。