シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

シングルマザー(母子家庭)が仕事を掛け持ちするための4つのコツ

Id80 00

― 関連記事 ―
シングルマザー(母子家庭)におすすめの仕事

シングルマザー(母子家庭)の生活は厳しい……

id80-01

シングルマザーになると、今までとは生活が一変してしまいます。それまで働いていた方ならまだ収入などの不安は少ないかもしれませんが、専業主婦からシングルマザーになったという方は優先して仕事を探さなければ生活が成り立たなくなっていきます。

シングルマザー(母子家庭)は採用されにくいってほんと?

企業側から見て、シングルマザーは小さな子どもがいて時短勤務を希望したり、子どもが体調を崩したときに急に休みを取ったりするなどの面から、まだまだ採用が難しい現実があります。そのため、正社員の職につけずにパートなどの非正規雇用につく方が多く、さらには生活の厳しさから仕事の掛け持ちをしている方がたくさんいるのです。

今回は、シングルマザーが仕事を掛け持ちするための4つのコツをご紹介します。

<コツ1>子どもの預け先を確保!

id80-02

シングルマザーが仕事を掛け持ちするために優先して行いたいのは、仕事中の子どもの預け先を見つけることです。実家で親と同居している方や、近くに頼れる人がいる方なら安心して子どもを預けることができますが、そうでない場合は子どもを預けられる場所を確保しなければいけません。

夜に仕事をする場合は夜間の預け先も考える

朝から夕方まで仕事をする場合は、幼児なら保育園、小学生なら放課後児童クラブを利用すれば安心です。しかし、掛け持ちで夜間に働く場合は子どもだけを家に置いていくわけにはいかないので、夜間託児所の利用やベビーシッターの確保が必要になります。