シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

シングルマザーが準備しておきたい面接時の心構え

Id85 00

シングルマザーの職探し・転職で最初に気をつけたいこと

id85-01

シンママだからこそ、条件の良い仕事を探したい!

シンママは「とにかく仕事を見つけなくては!」と焦りがちですが、どんな仕事でも良いというわけではありません。生活を安定させるために、給与だけではなく勤務時間、残業のあるなし、休みが取りやすいかどうか、繁忙期が子どもの夏休みに重ならないかなど、できるならば条件の良い仕事を選びたいものです。

就職活動がうまくいかない……

しかし職歴がない場合は、とにかく面接にこぎつけるまでが大変ですよね。なかには数十社に履歴書を送ってやっと面接にこぎつけたのに、なかなか受からないというケースもあります。

職歴がない人に求められるもの

専業主婦だったり、職歴がなかったりする女性を採用する際、企業が重視するのは、まずは労働力として使えそうか、職場環境に順応できるコミュニケーション力があるか、そして人物的な魅力があればプラスアルファの評価になります。

面接の前にしっかり準備

希望する会社の書類選考が通って、いざ面接! となると、緊張しますよね。面接の前にはちょっと冷静になって、しっかりと準備をしましょう。ぶっつけ本番で挑んでうまくいく人はほんの一握り。今回は、面接のポイントをご紹介します。

<ポイント1>自分の得意分野を明確にしましょう

id85-02

アピールポイントを分析

職種によって求められる能力が異なりますので、自分のどんなところをアピールすれば良いのかを分析しましょう。例えば、体力重視の介護職と、緻密さや正確さが求められる事務職では、アピールポイントが大きく異なりますよね。

職場・職種に合わせたアピールをする

体力重視の職場の場合「水泳をしていたので体力には自信がある」、事務職の場合は「結婚前は秘書をしていたので、接遇・ビジネスマナーは身についている」、「英語が得意」、「電話対応が得意」などが挙げられます。過去に少しでも経験のある仕事やアルバイト歴を根拠に、具体的なアピールポイントをまとめておきましょう。