シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

シングルマザーの生活にも影響!離婚時の財産分与について

ライター 森本由紀

1児の母。12年の結婚生活を経て40代で離婚しシングルマザーに。現在は行政書士・カウンセラーとして活躍するかたわら、ライターとしても執筆活動を行っています。

Photo yuki morimoto

Id107 00

財産分与とは?

id107-01
婚姻中に夫婦が築いた財産は、名義とは関係なく、夫婦共有のものと考えられています。そのため、離婚時には財産を分けなければなりません。

結婚前から持っているものは分けなくてもいい

財産分与の対象になるのは、結婚してから築いた財産のみ。結婚前から自分が持っていた財産は、それぞれの固有の財産なので分ける必要はありません。自分の親から譲り受けた財産も同様に、固有の財産として扱われます。

財産分与は夫婦半分ずつに分けるのが原則

id107-02
夫婦の財産は、それぞれが財産の形成にどれだけ貢献したかによって分けるべき、と思われる方もいるかもしれません。ですが、「貢献の割合=収入の割合」ではありません。例えば、夫が会社員で妻が専業主婦の場合、夫が給料を得るためには妻の貢献(家事や育児など)があるはずです。こうしたことから、財産分与するときには、原則として半分ずつとされています。

借金も原則的には折半

財産分与では、プラスの財産だけでなくマイナスの財産、つまり借金も半分ずつ分けることが原則です。なお、夫婦の生活とは関係のない個人的な借金などは対象外となります。例えば、夫が内緒でつくった借金を、妻が支払う必要はありません。