シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

シングルマザーは恋愛NG?みんなの悩みを紹介

ライター 葉山あさひ

第2子出産後に離婚。会社勤務を続けるも、子どもの小学校入学を機に学童問題で退職し、副業だったライター業で独立。現在は、事実婚状態で5児のママ兼ライター業を続行中。

Photo hayama asahi

Id08 001

シングルマザーは恋愛してもOK?

id08-01

3組に1組は離婚してしまう現在の日本。子どもを連れて離婚する人も少なくありません。さらに、未婚出産や死別などの理由もあるわけで、シングルマザーの数は増加傾向にあります。

― 関連記事 ―
メンズに聞いた!シングルマザーとの恋愛・結婚はアリ?ナシ?

子どもや周囲に対する引け目を感じる人多数

仕事に生活に育児にと大変さを抱えるシングルマザーの多くは、「恋愛はタブー」と考えていたりします。

その理由には、
「親の都合で離婚して子どもに迷惑をかけているのに、自分だけ幸せになんてなれない」
「世間体的なものが気になる」
「一度失敗しているからイマイチ結婚に積極的になれない」
などなど、子どもや周囲に対する引け目や自分に対するケジメのようなものを感じます。

シングルマザーの恋愛はいばらの道?

恋愛の価値観は人それぞれですが、シングルマザーだって一人の女性です。新たな恋愛をして、幸せになるのは素敵なことだと思います。

ふつうの結婚でさえも、スムーズにゴールインすることが困難な時代です。シングルマザーが素敵な伴侶に出会い、交際、再婚までいく道のりは、まさにいばらの道とも言えるかもしれません。でも、そんな困難な恋愛もちょっとした気遣いでスムーズにいくことだってあるはずです。

子ども、恋人それぞれに対する悩み編を考えてみました。

子どもに対する悩み編

id08-02

子どもの心が不安定にならないか

恋人と過ごす時間が増えれば、今まで我が子と一緒に過ごしていた時間が減ることになります。それをきっかけに、親子の絆が薄れたり、子どもが不安定になったりしないか心配になります。

恋人と会う時間や子どもの預け先

ほとんどのシングルマザーは、恋人と会う時間を夜にしているようです。日中は働いているので、やはり夜という時間になってしまうのですね。そのときの子どもの預け先で一番多いのが実家。その際は、実親にしっかり話をし、恋人の存在を理解してもらったうえで預けるのが理想ですね。

子どもと恋人を会わせるべきか?

早めに子どもと恋人を会わせて、お互い慣れてもらいたいという気持ちは理解できます。でも、それはちょっぴり自分のエゴなのかもしれません。

子どもにとってみれば、急に知らない人に会わされても戸惑うもの。ショックを受ける子もいるのではないでしょうか。焦らずゆっくりお互いを引き合わせるのが一番ですね。