シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

子どもを可愛くないと感じてしまう……この先どう接していけばいいの?

ライター 森本由紀

1児の母。12年の結婚生活を経て40代で離婚しシングルマザーに。現在は行政書士・カウンセラーとして活躍するかたわら、ライターとしても執筆活動を行っています。

Photo yuki morimoto

Id106 00

「子どもが可愛くない」と思うのはおかしいこと?

id106\_01

シングルマザーになったら、家で子どものそばにいるのは自分だけ。仕事で疲れて帰ってきた後も、のんびりしたい休みの日も、いやおうなし一緒にいなければなりません。「子育てがイヤ」「子どもが嫌い」と感じてしまうママもいると思います。

子育て中にはよくあること

子育てはただでさえ大変。シングルマザーともなれば、父親と母親と両方の役割をしなければなりませんから、大変さが2倍になっても不思議ではありません。可愛くないと感じてしまうのも珍しいことではないので、安心してください。

子どものことが心配だからこそ悩んでいるはず

多くの人は、子どもを可愛いと思えない自分を責めてしまうと思います。けれど、そうやって悩んでいるのは、それほど大切に思っている証拠。本当に可愛くないなら、自分を責めることすらしないはずです。まずは、悩んでいる自分を認めてあげてください。

育児が嫌になったとき、どう接したらいい?

id106\_02

子どもを可愛くないと思うときは、申し訳ない気持ちでどう接したら良いかわからないときもありますよね。「こんなお母さんのことを嫌いになって」と、冷たくしてしまうこともあるかもしれません。

でも、子どもは無条件でお母さんが大好き

どんなお母さんでも、子どもにとってはかけがえのない存在。お母さんを嫌いになることはありません。もし冷たくされたら、多くの子どもは「自分が悪いのでは?」と思ってしまいます。

子どもと離れて、自分ひとりで出かける機会を作ろう

そんな思いをさせないためにも、理由もなく冷たく接するのは避けたほうが良いでしょう。冷たくあたってしまいそうなときは、息抜きをしてください。休日に友人や実家の両親に子どもを預かってもらって、自分がリフレッシュできる機会を作りましょう。少し離れてみることで、落ち着いて接することができるようになるはず。