シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

施設の相談窓口はどんなものがあるの?困ったときのシンママの頼り先

ライター 辻寿子

フリーライター歴22年、シンママ歴6年。一卵性双生児の息子は、長男が脳性マヒで車椅子。日本化粧品検定1級、サプリメントアドバイザー取得。結婚歴3回、死別→離婚→離婚の経験あり。

Photo hisako tuji

Id109 00

id109-01

「低所得のため生活が苦しい」「仕事をしたいけど子どもが小さくて働けない」など、シングルマザーが陥りやすい問題はたくさんあります。自分だけで解決するにはかなり難しい問題も。そんなときは1人で悩まず、役所の窓口に相談してみてはいかがでしょうか? 今回は、施設ごとの特徴やどんな相談に乗ってもらえるのかを調べてみました。

「福祉事務所」ではなにをしてくれる?

id109-02

福祉事務所では、生活保護法、児童福祉法、母子及び寡婦福祉法、老人福祉法、身体障害者福祉法および知的障害者福祉法に基づき、相談や支援、必要な手続きなどをしてくれます。各都道府県、市は設置が義務づけられているので、お住まいの地域から近いところを探してみましょう。福祉課として設置されていることもあります。

どんなことを解決してくれる?

生活費のことや子どもの預け先など、困っている内容を具体的に相談してみてください。また、制度の存在を知らず申請をしていないために、受け取れるはずの手当が受け取れていないということなどもあるかもしれません。また、必要に応じて適切な施設の紹介もしてくれます。

「全国母子寡婦福祉団体協議会(全母子協)」ってなに?

id109-03

戦後、未亡人となった方々が昭和25年に設立した、歴史のある一般財団法人で、全国の母子家庭およびひとり親家庭、寡婦の福祉の増進を目的として活動しています。母子世帯の研究や調査をしており、保育、法律、仕事、経済状況、養育費など、さまざまな相談に応じてくれます。また、全国の母子寡婦福祉団体とも連携しています。

どんなことをしてくれるの?

シングルマザーの生活、仕事、住居、育児など、困ったときや情報を知りたいときに相談に乗ってくれます。法律の相談(弁護士による無料相談)や就業支援講習(託児付き)などの母子家庭やひとり親家庭に必要な活動も行っています。ほかにも、シングルマザー同士での交流もできるので、希望があれば住んでいる地域の母子福祉団体に問い合わせてみましょう。

「母子生活支援施設」ってなに?

id109-04

母子生活支援施設とは児童福祉法に定められる施設で、18歳未満の子どもを育てている母子家庭や、それに準じる家庭の女性が、子どもと一緒に入所することができます。現在、全国272カ所に施設があり、4,000世帯以上がそこで生活しています。きちんと独立した居室に住めるので、親子の空間もしっかり確保。もちろんそこから仕事に行けますし、子どももそこから学校や園に通えます。いずれ独立するための、一時的な生活の拠点として利用できます。

施設内にはこんな支援も

施設内には、仕事や育児はもちろん、家族関係や将来の生活、健康のことまで相談できるスタッフがいます。仕事で残業になったときも、施設内の保育サービスが使えたり、学校や園に通う子どものフォローを行ったりしてくれるので、その点も安心ですね!

この施設を利用するには?

地域の福祉事務所へ相談してください。そこが窓口となり、必要と判断されれば施設の利用申し込みを行えます。費用は住民税や所得税の額によって決まるので、その点も併せて相談してみるといいでしょう。1人で悩みを抱え込まず、このような施設もあるのだということを、覚えておいてくださいね。

まとめ

ご紹介したのは、いずれも国や法律にのっとった相談窓口です。スタッフさんも経験豊富な方が多いので、1人で抱え込まずに足を運んでみましょう。具体的なアドバイスが受けられて、視野を広げて行動できるようになりますよ!


★支援・手当について一通りチェックしたい方こちらをチェック
児童扶養手当だけじゃない!シングルマザー(母子家庭)が頼れる支援制度をまとめてご紹介