シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

見直そう!母子家庭の防災

Id123 00

見直したい、防災のこと

id123-01

防災の日とは

9月1日は防災の日。防災の日とは、1923年9月1日に発生した関東大震災に由来しており、台風シーズンに当たるこの時期に、あらためて防災に関する心構えを育成するために制定されました。お子さんの幼稚園や保育園、小学校などで、「避難訓練」や「引き取り訓練」がある方も多くいらっしゃると思います。

防災の対策をしよう

いつ起こるかわからない災害ですが、緊急持ち出し用の防災グッズなど、あらかじめ用意をしておきたいものですよね。防災の日をきっかけに、ご家庭の防災対策や避難対策などを見直しておきましょう。

常備しておきたい防災グッズ

id123-02

地震や台風などの災害発生時のために、用意しておきたいのが防災リュック。リュックの中には災害時に役立つグッズを入れておき、玄関の横などすぐに持ち出せる場所に置いておきましょう。

防災リュックに入れておきたい物

  • 救急セット
  • 電池
  • ロウソク
  • 携帯ラジオ
  • 懐中電灯
  • 折りたたみタイプのウオータータンク
  • 災害時の帰宅支援マップ
  • ウェットティッシュ
  • ライター
  • ヘルメット
  • 軍手
  • アウトドア用ナイフ
  • 簡易トイレ
  • 携帯充電用ソーラーバッテリー
  • アイマスク
  • 保温シート
  • 公衆電話用の小銭

いざというときのために、まとめておきたい物

  • 割り箸
  • 紙皿
  • 乾パン
  • 食料
  • 大判のバスタオル
  • 寝袋
  • テント

食品や寝具も、あらかじめリュックや旅行カバンなどに入れておくと、いざというときにすぐに持って外出することができるので便利です。

食料はどれぐらい必要?

非常食の目安は「家族が3日生活できる程度」と言われています。水は1人1日2リットルほどを目安に備蓄しておきましょう。

いざというときのための心構え

id123-04

災害はいつ起きるかわかりません。そのため、お子さんと避難場所を決めておくだけではなく、災害用伝言サービスの使い方も必ず確認しておきましょう。

公衆電話の使い方もチェック!

災害発生時には携帯電話が使えないこともあります。自宅周辺にある公衆電話の場所や使い方も確認しておくと良さそうです。また、学校や幼稚園などでの集団生活中に災害に遭った場合には、避難場所や引き取り方が決められていますので、必ず確認をしておいてくださいね。

まとめ

防災の日をきっかけに見直しておきたいことをご紹介しましたが、いかがでしたか? お子さんの安全を守るのは、ママである私たちの大切な役目ですよね。何かあってから慌てないですむように、今のうちからしっかりと準備をして災害に備えましょう。

 

 

ライター:のんこ
30代の3児の母。主人の失踪に伴いシングルマザーに。フリーライターとして10年以上の活動実績があり、ゲームシナリオから取材まで幅広く活動中です。