シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

シンママだからこそ考えたい!子どもが家で安全に過ごすためのルール6つ

ライター 葉山あさひ

第2子出産後に離婚。会社勤務を続けるも、子どもの小学校入学を機に学童問題で退職し、副業だったライター業で独立。現在は、事実婚状態で5児のママ兼ライター業を続行中。

Photo hayama asahi

Id126 00

子どもをひとりで留守番させるのが心配……

id126-01

ひとりで家庭を守るシンママ最大の心配事は、子どもについてでしょう。特に、ひとりでお留守番をさせているときは「犯罪や事故、地震や火事などに巻きこまれないか」と心配になる方もいらっしゃると思います。

シンママがぶつかる「小1の壁」

保育園から小学校に上がると、放課後に学童保育で預かってもらえる時間が短くなります。保育園では延長保育が可能でしたが、ほとんどの公的な学童保育では18時までしか預かってもらえません。そのため子どもがひとりで家にいる時間が増え、自分自身も働く時間帯の変更が必要になるでしょう。これが世間では「小1の壁」と呼ばれ、社会的な課題にもなっています。

子どもを家で留守番させるときには6つのルールを決め、不安を減らしましょう。

子どもに留守番をさせるときの6つのルール

id126-02

1.留守中の来客は対応をさせない

近年の犯罪手口はどんどん巧妙になっていて、宅配便業者を装って家に侵入するなどのケースも出てきています。留守中の来客には、出ないことを基本としましょう。小学校高学年ぐらいになり、インターホンで受け応えができる場合は、「母は手が離せません」などと対応させ、大人の不在を知らせないようにしたいですね。

2.留守中の電話は取らせない

家の電話が鳴っても出ない、もしくは、番号登録していない電話には出ないように教えましょう。

3.火を使わせない

子どものころは火に興味をもつものですよね。火遊びやイタズラで火事になってしまわないように、ライターやマッチなどは隠しておきましょう。もし調理をさせる場合には、ガスは使わず電気ケトルなどで済むようにしておいて、最善の注意を払っておきたいですね。

4.浴槽の水をためない

子どもによっては水深10cmでもおぼれてしまう可能性もあります。そのため、留守にするときはあらかじめ浴槽の水を抜いておきましょう。災害時の貯水のためには、ペットボトルの水を箱買いしておくのがオススメです。