シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

マンション購入が節約につながる!?シンママが考えたい家賃のこと

ライター 森本由紀

1児の母。12年の結婚生活を経て40代で離婚しシングルマザーに。現在は行政書士・カウンセラーとして活躍するかたわら、ライターとしても執筆活動を行っています。

Photo yuki morimoto

Id120 00

「マンション購入」という選択肢を考えてみる

id120-01

離婚した後、アパートやマンションを借りて子どもと暮らしている女性は多いと思います。ですが賃貸住宅を借りる以外に、住宅ローンを組んでマンションを購入するという方法もあります。賃貸の家賃と変わらない額の住宅ローンであれば、払い続けることも困難ではないはず。ローンを完済した後は、家賃の負担もなくなります。

シングルマザーでもマンションを買える?

ローンの審査では、年齢、勤務形態、勤続年数、他社借り入れ状況などの項目が対象になりますから、母子家庭かどうかは関係ありません。正社員でなく派遣社員や契約社員でも、安定した収入があれば住宅ローンを組むことはできます。

中古マンションならシングルマザーでも買いやすい

分譲マンションは新築だけでなく、中古という選択肢もあります。中古マンションなら少ない予算で広めの物件に住むことも可能。頭金をできるだけ多くして借入金額を少なくすれば、審査のハードルも低くなります。

シングルマザーがマンションを購入するメリット

id120-02

子どもに資産を残せる

シングルマザーだからこそ、子どもに資産を残したいと思う方も多いはず。マンションを購入すれば、将来子どもに相続させることもできます。ローン支払い中に万一のことがあっても、団体信用生命保険に加入しておくことで残りのローンは免除されますから、子どもに負担を残す心配もありません。

好みに合わせてリフォームできる

賃貸マンションと違って、分譲マンションは好きなようにリフォームできます。子どもの成長に合わせて間取りを変えるなど、ライフスタイルに応じて住みやすい形に変えることもできます。