シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

シンママは再婚すべし!知っておきたい3つのメリットまとめ

ライター 葉山あさひ

第2子出産後に離婚。会社勤務を続けるも、子どもの小学校入学を機に学童問題で退職し、副業だったライター業で独立。現在は、事実婚状態で5児のママ兼ライター業を続行中。

Photo hayama asahi

Id153 00

id153-01

離婚した当初は再婚など少しも考えていなかった、というシンママは多いでしょう。でも、周囲の親子仲むつまじいシーンなどを見たり、母子家庭の生きづらさを感じたりしたときなど、パートナーの存在をうらやましいと思うことも少なくないはず。

再婚にはメリットがある!

「この子にも新しいパパがいれば、毎日楽しいだろうな」と考えてしまうこともありますよね。そう思ったときが実はチャンス。再婚すれば、シンママ自身もたくさんのメリットが得られるのも事実なのです。再婚で、新しいスタートを切ってみませんか? 再婚で得られる3つのメリットをご紹介します。

 

<メリット1>経済面

id153-02

なんといっても、再婚は経済面におけるメリットが一番といえるでしょう。相手の収入によっては、専業主婦として家庭に収まることもできますよね。今まで寂しい思いをさせていた子どもに対しても、しっかりと向き合う時間が作れます。

共働きなら貯金もできる!

共働きであれば、再婚後も貯金をする余裕ができます。子どもの教育資金などは、考えている以上に高額なもの。こうした経済的負担が軽くなるのは、シンママの精神面にも良いことです。

 

<メリット2>心理面

id153-03

子どもの難しい思春期や不安な将来を、シンママ一人で背負うのは精神的にもつらいものです。特に子どもが男の子の場合、異性であるシンママは体の成長や性格の違いから、接し方に苦労することもあるでしょう。

悩みを共有できる!

そんなときパートナーがいれば、そのような悩みや苦労が軽減されます。子どもの成長を一緒に楽しみ、喜び、苦しみを分かち合える“夫”という存在は、なによりも心強いものになりますよ。