シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

あなたのシンママ常識度をチェック!身内以外を頼ったらお礼はどうする?

ライター 天守閣ノボル

紙媒体からWEB媒体に活動の場を移し10年目のアナログライター。小学生と保育園児、2人の子をシングル育成中。兄妹仲悪し。

Photo noboru tensyukaku3

Id160 04

id160-03

「遠くの身内より近くの他人」ということわざがあるように、いざというときはご近所さんやママ友の手を借りるシンママも多いはず。とはいえ、他人にどこまで甘えていいのか、感謝の気持ちをどう表すべきか、迷うこともあるのではないでしょうか? 常識あるシンママとしてのスタンダード対応を、皆さんの意見から分析してみましょう。

 

Q1. 実家や親戚(身内)以外を頼った場合、頼り先へのお礼はしますか。またどのくらいの頻度でしますか

id160-01

  1. 毎回なにかしらのお礼はする 44.0%
  2. とくに頻度は決めず気が向いたらする 32.0%
  3. 数回に1回はお礼をする 15.0%
  4. しない 9.0%

(ママモワ「シングルマザーに関する調査」より作成、N=100)

「毎回お礼をする」シンママが4割以上!

意外というべきか、当然というべきか。「毎回なにかしらのお礼はする」(44.0%)と答えたシンママがもっとも多い結果になりました。4割以上のシンママが「お礼」を欠かせないものと考えていることがわかります。皆さんしっかりしていらっしゃいます。

「気が向いたら」にはテクニックが必要?

一方、「とくに頻度は決めず気が向いたらする」(32.0%)、「数回に1回はお礼をする」(15.0%)というフリーダムなシンママも。確かに、「お礼なんてかえって申し訳ないわ」なんて言われることもありますから、相手によってはこのような関係が成り立つことも考えられますね。一周回って、お世話になった方に負担を感じさせない気遣いとも言えるかも?

「しない」派は少数

潔く「しない」と答えたシンママは1割以下。よほど親しい友だちでないと、なかなか「お礼をしない」という選択は難しそうです。ただし、一方的に頼り続けるばかりでは、後でトラブルや陰口に発展することも考えられます。バランスの悪い関係はなるべく避けたほうが賢明です。子どもとの健全な暮らしのためにも、「近くの他人」をできるだけ大事にしたいですね。