シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

気になる冬の暖房費!シンママの節約術

ライター ei.t

シングルマザー歴1年の新米シンママです。小学生の姉妹を育てつつ、毎日を楽しむ!がモットー。家族のカタチは変わったけれど、セカンドステージで頑張ってます!

Photo eit

Id139 00

id139-01

あんなに暑かった毎日も噓のようにあっという間に秋、そしてまもなく冬がやって来ますね。夏場は冷房、冬場は暖房とダイレクトに家計に響く光熱費は、赤字分を旦那さんのボーナスなどで埋められない私たちシンママにとって、常に頭の痛い出費。とはいえ、寒さだけは子どもに我慢させるわけにはいかないし、我慢させたくもありません! 節約しているのに節約と感じない、身体も心もあったかくなるようなアイデアをご紹介します♪

 

まずは知っておこう! 年間の平均水道光熱費

id139-02

年間を通しての月ごとの平均を調べてみたところ、一番光熱費が抑えられているのは7月で18,954円、対して一番高い月は2月で、30,206円となっていました。また、地方別で見た場合、沖縄と東北地方の月ごと平均支出額にはかなり開きがあり、沖縄が19,431円、東北地方が27,656円でした。(出典:総務省「家計調査(平成25年)」)

総務省統計局「平成25年家計調査結果」
http://www.stat.go.jp/data/kakei/index.htm

地域や季節で金額に差がある!

夏場と冬場で比べた場合は約1万円強の開き、地方別で比べた場合は沖縄と東北地方では、なんと年間で10万円近い差が出ています! 沖縄に住みたい……、と思ってしまいますね。実際に豪雪地帯に暮らす我が家は、+1万円では済まないのが現状です。10月頭~4月末辺りまで、一年の半分以上を暖房なしでは過ごせない地域だからこそ、少しの節約の積み重ねが大きな額になります。