シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

シンママには恋が必要?恋愛にはメリットがいっぱい!

Id152 00

子どものことを考えるあまり、恋に臆病なシンママは多い

id152-01

恋ができないシンママは「こじらせ女子」かも?

「子どもが自立するまで、恋愛することはできない」「一度失敗しているので、恋愛には臆病になっている」そんなシンママの声をよく聞きます。これは最近、「どうせ自分は恋愛なんてできない」と卑屈になってしまう「こじらせ女子」と呼ばれる女性によく似ています。

シンママと「こじらせ女子」には共通点がある?

「人に甘えるのが苦手」「恋愛で苦い思い出がある」など、シンママとこじらせ女子には共通点があるようです。私自身も過去の苦い経験から、男性にアプローチされても一歩引いてしまったり、信用できなかったりしてなかなか恋愛する気になれなかった過去があります。

参考:マイナビウーマン「気がついたらなっている? 「こじらせ女子度」診断」
http://woman.mynavi.jp/shindan/140313/

 

シンママが恋愛をするとこんなメリットが

id152-02

恋愛に対してあまり良い思い出がないと、なかなか次の恋に踏み切ることができません。何より、今は子どものことを優先したいという方も多いはず。ですが、恋愛はシンママにメリットを与えることもあるのです。

<メリット1>心も体も調子が良くなる

シンママの生活の中で、子どもを一番に考えるのは素晴らしいことです。でも、自分の心に余裕がなければ難しいこともあるでしょう。恋愛をするとストレスが解消され、さらにホルモンが活性化されたり、体の回復力がアップしたりと、健康面でも良いことがあるようです。

<メリット2>笑顔が増える

恋愛をしていると気持ちが前向きになり、自然と笑顔が増えるようになります。彼からの電話やメールで明るい気分になり、つらいことも乗り越えられるようになるはず。表情も柔らかくなるので、周囲の人からの好感度もアップしますよ。

<メリット3>綺麗になる

「恋をすると綺麗になる」という言葉があるように、シンママも恋愛をすると美人度がアップします。恋人に会うときに気合を入れて身なりを整えるだけでなく、恋愛ホルモンやエストロゲンが分泌されることで肌が綺麗になったり、女性らしい体になったりすることも。ママが綺麗だと、子どももうれしいものですよ!