シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

シンママ応援レシピ「ハロウィン仕様のカボチャサラダ」

ライター オイカワユキコ

小学生の娘と暮らすシングルマザー。「幸せになるために離婚した」をモットーに、個人事業主としてライター・役者・イベントコンサル・シュガーアーティスト・国際交流のNPO など多方面で活動中。

Photo yukiko oikawa

Kabo2

kabo2ハロウィン仕様のカボチャサラダ

ハロウィン、クリスマス、お正月、バレンタイン…これからはイベント時期が続きますね。
忙しいシンママにとってイベント料理は気合を入れすぎると負担になりますが、チンして潰すだけのシンプルなカボチャサラダでも、ちょっとデコレーションするだけでハロウィ~ン仕様に変身!
包丁要らずレシピのシリーズですのでお子さんと一緒に作ってみてはいかが

必要なのはスプーン1本だけ!

 

材料(4人分)

  1. カボチャ小…1/4個
  2. マーガリン…大さじ2
  3. 砂糖、塩…適量
  4. フルーツグラノーラ…大さじ3
  5. ハチミツかメープルシロップ…飾り用
  6. グラニュー糖…飾り用

作り方

  1. カボチャは種を取ってレンジでチン
  2. スプーンで実を取り、皮は捨てずにコウモリや星、お化けなどのクッキー型で抜きます。
  3. カボチャの身をスプーンで潰しながら温かいうちにマーガリンを混ぜ、味を見て足りなければ塩や砂糖を足します。 カボチャがパサパサする場合は牛乳を足します。
  4. フルーツグラノーラを一さじ分置いた上にスプーンですくって形を整えたカボチャを乗せ、更にグラノーラや型抜きした皮で飾ります。

kabo1
★食べる直前にハチミツやグラニュー糖をかけるとキラキラして更に可愛いですよ!★

デコポイント

★クッキー型★この時期はコウモリやお化けのクッキー型が売っていますが、見つからなければ100円均一などで売っている星型で十分です。
ニンジンや大根などの野菜を型抜きするだけで、飾りに使ってもシチューに入れても…イベント感アップ!我が家でも星やハートのクッキー型を重宝しています。

 

まとめ

いかがでしょうか?勿論カボチャサラダはご家庭の味でもOKです。
季節のイベントって無視しちゃえば普通に過ぎるものですが、忙しいシンママ家庭だからこそちょっとだけイベント感をだすと生活に変化が出て気分もUP!
これからも季節に合わせた簡単デコメニューをお届けしたいと思います。お試し下さい。