シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

シンママなのに急に入院!?仕事や子どもはどうすればいいの?

ライター 天守閣ノボル

紙媒体からWEB媒体に活動の場を移し10年目のアナログライター。小学生と保育園児、2人の子をシングル育成中。兄妹仲悪し。

Photo noboru tensyukaku3

Id151 00

明日はわが身かも?シンママの入院は突然やってくる!

id151-01

仕事に子育てに、いつも全力投球。シンママライフは息をつく間もなく、自分の不調を後回しにしてしまうことがあります。限界ギリギリまで病院に行かず、ようやく受診したら即入院! 無理に体調不良をやりすごしている方には、こんなストーリーもありえるかもしれません。万が一のとき慌てないよう、対策をまとめてみました。

 

シンママが入院したらだれが子どもの面倒を見るの?

id151-02

入院中は子どもの安全を第一に考えて

母子家庭では、「身の回りのことは自分で全部できる」という自立した子も多いですが、やはり母親が何日も家も空けるのは心配です。留守番と、家のことをすべて任せるのとでは、まったく別。リスクが多いだけではなく、子どもの精神状態に及ぼす緊張や不安もケタ違いです。入院中の不安を減らすためにも、安全な場所で過ごせるように子どもの預け先を考えたいですね。

一番現実的なのは両親?

両親や兄弟などの身内に頼めるなら、一番気兼ねなく、安心な選択肢だと言えます。とはいえ、それができるのは近所に住んでいる場合だけ。小学生になれば簡単に学校を休むわけにはいきませんので、遠方に住んでいる場合は泊まり込みで来てもらう以外は、難しいかもしれません。

ママ友に子どもを頼める?

子どもを何日も預かるとなると責任重大。親しい付き合いをしていても、おそらく二つ返事で「OK」というわけにはいきません。気軽に頼める間柄なら相談するのもアリですが、断られる可能性も頭に置いておきましょう。末永く良い付き合いを続けたいなら、最初から頼まないほうがいいかもしれません。

 

「頼れる人がいない!」というときは?

id151-03

子どもショートステイ

公的な機関で子どもの預け先を探す手もあります。例えば「子どもショートステイ」。自治体が行っている子育て支援のひとつで、病気や出張、冠婚葬祭などで一時的に子どもを養育できない場合に、児童養護施設などで子どもを預かってもらえます。利用料金は自治体によって異なりますが、子どもの年齢に応じて3,000円~5,000円程度(1日あたり)が目安。母子家庭や住民税非課税世帯だと、1日1,000円程度で利用できる自治体もあります。

長期入院のときの預け先は?

子どもショートステイに預けられるのは、原則7日以内。1週間を超える入院のときはどうしたらいいのでしょうか? 自治体で相談すると、小学生の子どもの場合は「児童相談所」を紹介されることが多いようです。就学前の子どもなら「乳児院」を紹介されることも。子どもの命を守るために存在する施設ですので、ネガティブに考えすぎず、預け先のひとつとして活用できることを覚えておきましょう。