シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

結婚率も高い?シンママに贈る社内恋愛のすすめ

シンママだからこそ、社内恋愛で気をつけるべきこと

id165-03

不用意な恋愛には注意

社内恋愛において、誰にでも気をつけなければいけないことはありますが、シンママの場合は特に注意するべきことがあります。それは、不用意な恋愛はしないということです。

子どもとの生活を忘れずに

シンママだって、誰かを頼りにしたいと思ったり、人恋しさや寂しさを感じたりするときもあるでしょう。でも、一番に守るべきものは、子どもとの生活ですよね? 安易に恋愛に走ってはいけません。きちんと相手を見極めて、子どものことを一番に考えてから、恋愛はスタートさせるべきです。

不倫は絶対NG!

もちろん、不倫なんてもってのほか! 寂しいときに社内の既婚男性から誘惑され、ずるずると恋愛をしてしまうケースもあるようですが、絶対にダメです。もし相手が既婚者で、本気だと言うならば「奥さんと離婚してシンママと再婚する意志があるのか」をしっかり話し合い、できれば相手の離婚後から恋愛をスタートさせましょう。

 

まとめ

シンママだって1人の女性です。気になる男性は出てくるだろうし、また恋愛や結婚をしたいと思うこともあるでしょう。子どものことを一番に考えることができるのなら、恋愛をスタートさせても良いと思います。素敵な社内恋愛なら、シンママもわが子も幸せになれるチャンス! もし、職場で気になる人が現れて、子どもとの生活と恋愛を両立できそうなら、ぜひ素敵な笑顔や挨拶でアプローチしてみてください♪