シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

シングルマザーの生活費内訳~冬編~

ライター 辻寿子

フリーライター歴22年、シンママ歴6年。一卵性双生児の息子は、長男が脳性マヒで車椅子。日本化粧品検定1級、サプリメントアドバイザー取得。結婚歴3回、死別→離婚→離婚の経験あり。

Photo hisako tuji

Id177 00

id177-06

冬も本番になり、防寒具や暖房器具が欠かせない季節になりました。何かとお金がかかる時期ですが、実際にはどれぐらい必要なのでしょうか。今回は、冬の主な生活費をまとめてみました! 家計の見直しなどに、ぜひ参考にしてみてください。

 

光熱費

id177-01

冬の生活費で、一番影響があるのが光熱費です。夏に使っていたエアコンが冬は暖房に変わるので、使用している暖房器具によってはガス代や電気代、灯油代など出費の割合が変化します。

夏と冬では光熱費の割合が逆転

ちなみに、筆者宅ではエアコンは使用せず、ガスファンヒーターを使用。1カ月にかかる費用は、夏と冬でこれぐらい変化します。

●夏

  • 電気代 11,265円
  • ガス代 4,489円

●冬

  • 電気代 4,164円
  • ガス代 12,398円

このように、電気代とガス代が逆転。家庭で使用する暖房器具によって、何がどのくらい変化するのかを把握しておいた方が安心です。また今後、暖房器具を買い換えるときには、ランニングコストの目安になります。

 

冬服のサイズチェック&買い足し

id177-02

すでに今季着る服はそろっているかとは思いますが、子どもの服はサイズがみるみる変わるもの。服が小さくなって手首や足首が出てしまうと、風邪をひく原因にもなります。サイズが合っているかどうか、随時チェックするようにしましょう。もう小さくなってしまったものは、無理に処分せずにリサイクルに出すと、新しく買い足すときの資金にもなります。

 

クリスマスプレゼントとお年玉の準備

id177-03

子どもたちが心待ちにしているクリスマス。サンタさんにお願いしたプレゼントが届くとうれしいですよね。また、お年玉も子どもたちの楽しみのひとつ。パートなどでボーナスが出なくても、クリスマスプレゼントとお年玉は何とか捻出できるよう、少し前から貯金をしておけるといいですね。ぜいたくはできなくても、心のこもった贈り物なら子どもたちも喜んでくれるはず。

 

帰省の準備

id177-04

実家から離れて暮らしている場合、冬休みは帰省するという方も多いでしょう。交通費だけでなく、道中の食事代やお土産代など、意外と出費が多いもの。足りなくなって慌てずに済むように、交通費より多めに準備しておけるといいですね。また、新幹線などを利用する場合には、早割などの制度を使うと少しお得に購入することができます。事前に調べてみましょう。