シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

シンママの再婚!養育費はどうなるの?

ライター 森本由紀

1児の母。12年の結婚生活を経て40代で離婚しシングルマザーに。現在は行政書士・カウンセラーとして活躍するかたわら、ライターとしても執筆活動を行っています。

Photo yuki morimoto

Id246 00

シンママが再婚したら、養育費はもう受け取れない?

一度は離婚したシンママにも新たな出会いがあり、再婚が決まることもあるでしょう。その後、子どもと一緒に再婚相手と暮らすようになれば、再婚相手が子どもの新しい父親と考えられます。子どもの実父から養育費をもらっている場合、再婚後は養育費をどうすれば良いのか気になりますよね。

子どもと実父との親子関係はなくならない

母親が再婚しても、子どもと実父との親子関係がなくなることはありません。親は子どもを扶養する義務がありますし、親が亡くなった場合には子どもは相続人になります。親の離婚や再婚とは関係なく、法律上の親子関係はずっと続くということです。

実父の養育費支払い義務もなくなるわけではない

母親が再婚しても、実父と子どもは変わらず親子です。養育費を受け取っている場合にも、再婚したからというだけで、まったく受け取れなくなるわけではありません。ただし、実際には母親が再婚すると、実父の養育費の支払いは減額や免除になるケースが多くなっています。


再婚相手と子どもが養子縁組した場合の養育費

養子縁組により法律上の親子になる

再婚相手と子どもが法律上の親子になるためには、養子縁組する必要があります。養子縁組すれば、再婚相手は子どもの「養父」になります。つまり、子どもには法律上、実父と養父という二人の父親がいることになります。

実父よりも養父の扶養義務が優先する

実父と養父は、どちらも子どもの扶養義務を負います。けれど、養父が子どもと一緒に暮らしている場合には、養父の扶養義務が実父よりも優先されると考えられています。ですから、もし再婚・養子縁組後に実父が養育費の減額や免除を要求してきた場合には、基本的には応じなければならないことになります。