シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

離婚してシングルマザーになったら、今と生活はどれだけ変わるの?

Id263 00

これからシングルマザーになるという方は、やはり生活がどのように変化するのか気になるところも多いかと思います。「今までのようにはいかない」とは分かっていても、具体的にはイメージしにくいもの。今回は、「お金」、「仕事」、「子育て」の3つの要素から、生活がどのように変化するのかをご紹介します。


<お金編>生活費も雑費も、すべて自分一人で支えなければならない

共働き夫婦でも専業主婦でも、「自分一人で家計を支えなければ……」と焦ることはほとんどないと思います。誰か一人でもしっかりと働ける環境であれば、さほどやりくりには困らないでしょう。ですが、シングルマザーになれば、自分の支出だけでなく、お子さまの出費や生活に関わる出費、すべてを自分一人の力で支えなければならなくなるのです。

当面は、ゆとりがなくなると考えて

例えば、共働き夫婦の場合、パパのお給料を生活費のメインにして、自分の収入はレジャーや貯蓄に回すといった方法をとることもできますが、シングルマザーになると、生活費だけでなく、レジャーや貯蓄の費用も自分の収入にかかってきます。一度、今までの金銭感覚をリセットして、ゼロから考えるようにしましょう。

見逃しがちな、お子さまの「急な出費」もママのお財布から

「衣食住に関わるものは、すべて自分で出すことになる」。ここまでは、頭にある方も多いでしょう。でも現実は、予想していなかったところでお金が出て行ってしまうことがあるのです。その代表が、お子さまの「急な出費」。お子さまについての支出は、いつどこでどれだけ必要になるか予測がつきません。

お子さまの支出は、大人一人分で考えておきましょう

幼稚園、小学校と学年が上がると、紙おむつやミルクなどの細やかな出費はなくなりますが、その分、行事や習い事、部活動、お友達づきあいなどでお金が必要になります。高校、大学と進学していけば、学費も上がっていきます。生活面でも、例えば大人なら我慢するような微熱でも、お医者さまにかかる必要がある場合も。また、体も少しずつ成長していきますから、大人のように何年も同じ服を着回すのは難しいもの。このあたりは見逃しがちなので、注意しておきましょう。