シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

【2017年版】実家暮らしのシンママは、親にお金をいくら入れたらいいの?

ライター 辻寿子

フリーライター歴22年、シンママ歴6年。一卵性双生児の息子は、長男が脳性マヒで車椅子。日本化粧品検定1級、サプリメントアドバイザー取得。結婚歴3回、死別→離婚→離婚の経験あり。

Photo hisako tuji

Id260 00

この記事は2017年4月30日に更新しました。

離婚を機に実家へ戻って親と一緒に生活することになった場合、お金をどのくらい渡したらいいものなのでしょうか? おおよその相場と、自活できる分岐点を考えてみましょう。


シンママっていくら稼いでいる?

家にお金をいくら入れるか考えるとき、一番重要になるのが「いくら稼いでいるか?」です。

シンママの年収の全国平均は181万円(厚生労働省による平成23年度全国母子世帯等調査)。月額にすると約15万円。ちなみにシンママになった時の平均年齢は33歳、一番下の子どもの平均年齢は4歳です。

今回はこのデータを基準に考えてみましょう。


生活費っていくらかかるの?

もし自活するとしたら、地域の差はあっても10~16万円ほど支出が必要になるでしょう。

手取りが15万円の場合、児童扶養手当が最高額の42,290円(児童一人の場合)支給されれば、なんとか生活が成り立ちます。

※記事内の金額は記事更新時のデータです。
※詳細は「児童扶養手当だけじゃない!シングルマザー(母子家庭)が頼れる支援制度をまとめてご紹介」をご覧ください。

実家暮らしの支出は?

実家暮らしになると、親と家計を別にしていても児童扶養手当はほとんど支給されません。その代わり、家賃や光熱費、食費などを抑えることができますことができます。この分をどの程度、親に支払うかが問題ですが、自分の収入と一緒に暮らす家族の収入をよく計算して、相談してから決めましょう。

実家に入れる金額は?

他のシングルマザーはどのくらい実家にお金を入れているのでしょうか?

実例1
子ども1人(2歳)
正社員 収入11万円
実家に入れる金額 6万円

実例2
子ども2人(11歳、5歳)
正社員 収入23万円
実家に入れる金額 全額(世帯主になった)

実例3
子ども1人(10歳)
派遣社員 収入30万円
実家に入れる金額 8万円

実例4
子ども1人(8歳)
パート勤務 収入14万円
実家に入れる金額 2万円

このように、このように色々なケースがあります。
実家だと家事や子どもの面倒を見てもらえるので、自分が世帯主になってガンガン働くという人もいるようです。しかしながら、収入はあっても親には一切お金を入れていないという人もいます。

相場の金額を入れるのではなく、きちんと話し合いをすることが大切になります。自分の収入と支出、実家暮らしのメリットをよく検討し、話し合って決めましょう。


まとめ

実家暮らしには、メリットもデメリットもあります。揉め事に発展する前に、家族とはいえお金のことはきっちり決めたほうが、のちのちの円滑な関係につながります。



児童扶養手当だけじゃない!シングルマザー(母子家庭)が頼れる支援制度をまとめてご紹介