シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

今すぐ昇進すべき?シングルマザーと働き方

ライター 葉山あさひ

第2子出産後に離婚。会社勤務を続けるも、子どもの小学校入学を機に学童問題で退職し、副業だったライター業で独立。現在は、事実婚状態で5児のママ兼ライター業を続行中。

Photo hayama asahi

Id253 00

シングルマザーが仕事につくこと自体が難しい日本の雇用状態。そんな中、昇進の話が出るのは嬉しいものですよね。アルバイトやパートで働いていても、前向きな仕事ぶりや実績が認められれば、昇進してさらに会社に貢献してほしいと考えてもらえるようです。

嬉しい反面、シングルマザーにとっては悩ましい「昇進」

ところが、子育てと仕事を1人でこなさなければならない母子家庭という境遇が、嬉しいはずの昇進を迷わせてしまう現実があります。昇進しても子育てと両立できる? 昇進は諦めておくべき? なかなか簡単ではないシンママの昇進や働き方について、子育てとの両立やタイミングを踏まえてまとめます。


シンママが昇進したら、子育てはどうなる?

ママが昇進すると、正直、子育ては今まで以上に両立しづらくなるでしょう。残業が増えたり、出張が多くなったりするだけでなく、何と言っても、任された仕事に対する責任の重さがシングルマザーの肩にのしかかかります。いくら1人で子育てしていても、責任のある立場になったら、それを言いわけにはできません。子どもを取るか、仕事を取るかという究極とも言える選択をしなくてはならないのですね。

近くに協力してくれる人がいるか

自分の親や兄弟姉妹などが近くに住んでいて、子どもの面倒を見てくれるならば、増える残業や出張にも対応できます。もしいなければ、子どもが小さいうちはお泊まりで保育してくれるような施設やベビーシッターなどの確保が必須になるでしょう。

子どもの性格や年齢も考慮

まだまだ甘えたい時期の幼少期や低学年ならば、ママとのコミュニケーションはとても大切になります。また、大きくなっても寂しがりやの子どもだったら、少しでもママのそばにいたいと思うでしょう。
保育園(学童)や習いごとの送り迎えなど、生活のスケジュールや子どもの性格、置かれている状況によっても、いろいろと考えておくことが必要です。