シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

シンママが恋人と別れるとき、子どもにどう伝えたら傷つけない?

ライター 辻寿子

フリーライター歴22年、シンママ歴6年。一卵性双生児の息子は、長男が脳性マヒで車椅子。日本化粧品検定1級、サプリメントアドバイザー取得。結婚歴3回、死別→離婚→離婚の経験あり。


独身とはいえ母親であるシンママの恋愛は、子どもがいない時に比べると自由度に雲泥の差があります。もし恋人ができたとしても、さまざまな事情で離れることを選ぶ場合もあるでしょう。子どもと彼に面識があったり、懐いていたりした場合、子どもにどう伝えたらいいのでしょうか? いくつかポイントをご紹介します。


シングルマザー恋愛の極意!


まずは、すでに恋人がいる人には「いまさら」かもしれませんが、シングルマザーの恋愛におけるポイントをいくつか挙げてみます。子どもがいる上での恋愛は、やはり“子ども第一”に考えてあげたいものですよね。

  1. 恋愛をスタートさせる前に「シングルマザーであること」を伝える
  2. 会う時間は限られていることを伝え、子どもに寂しい思いをさせない
  3. 電話やメールなども、しにくい時間帯があることを理解してもらう
  4. 子どもと会わせるのは結婚を考えるようになってからにして、最初から子どもと一緒のデートはしない

そんな条件を出したら彼に嫌われる! と思うくらいなら、残念ながらその彼とは縁がなかったと諦める強い気持ちが必要。これらのポイントを守ることが、子どもを守ることにもつながるのです。相手を選ぶのは慎重に!

お付き合い段階から子ども最優先に!

上記の4つのポイントを伝えても「それでも大丈夫」と言ってくれる男性は理想的ですね。しかし、最初は良くても、お付き合いが深まれば物足りなくなるのも事実。彼もあなたを独り占めしたいでしょうし、あなただって彼と一緒にいたいこともあるでしょう。ですが、子どもは親のものではありません。子どもの気持ちを無視した行為に走ることだけはやめましょう。