シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

シンママが恋人と別れるとき、子どもにどう伝えたら傷つけない?

シンママの恋愛、子どもへどう伝える?


子どもはママが大好きです。悪さをするのも、母親の気を引きたいがため。そんなママに恋人ができて自分から気持ちがそれるのを、子どもは敏感に察します。恋人ができたことを言っていないのに最近様子がおかしいと感じたら、きっとお子さんはママの変化を感じ取っているのです。

いきなり恋人との別れを伝えない

「恋人ができた」というのもいきなり伝えないことがポイントですが、もし恋人と面識があったり、子どもが懐いていたりした場合にも「さよならすることになった」といきなり伝えるのは子どもにとっては酷です。お付き合いの段階から子どもに彼の話をしないに越したことはありませんが、彼と別れてからは徐々に話題に出さないようにし、自然と子どもが会わなくても平気な状況を作りましょう。十分な時間をかけることが大切です。

子どもの気持ちを大切に、正直に話す

「そういえば最近会わないね」と彼の存在が自然に薄れてきたら、正直に彼とのお付き合いをやめることになったと伝えましょう。子どもが彼のことを「ママの恋人」として見ていたのなら、ちゃんと受け入れてくれるはずです。しかし、「私(子ども)のお友だち」と思っていたら、ママの事情で離れなければならないことに理不尽さを感じるでしょう。つまり、お付き合いの段階から子どもの気持ちを最優先させることが重要なのです。そして、結婚を考えるほどの仲に進展しない限りは、子どもと彼の接触は必要最低限にした方が良いでしょう。


まとめ

シングルマザーである以上、一番に優先すべきは子どものこと。恋愛したいという気持ちも痛いほどわかりますが、理想は高く持ち、軽々しく子どもを犠牲にするような恋愛は慎みましょう。そうならないためにも、自分を磨き、自分の価値を上げるのも大切かもしれませんね。