シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

メリット・デメリットから考える、シングルマザーと雇用形態

Id268 00

― 関連記事 ―
シングルマザー(母子家庭)におすすめの仕事

シングルマザーが働くならどんな雇用形態がいい?


シングルマザーが働くとなると、いろいろな制約があります。子どもの病気や学校行事などのときには自分が仕事を休まなければなりませんし、子どものお迎えに行くために残業ができないこともあります。同じ仕事でも、雇用形態によって働き方が変わってきます。ここでは、雇用形態の違いによって、シンママが働くときにどんなメリット・デメリットがあるかについて考えてみたいと思います。


正社員

メリット

正社員になれば、毎月のお給料だけでなく、場合によってはボーナスももらえますから、収入面の心配がなくなります。正当な理由なく解雇されることもありませんから、原則として定年まで働くことができます。また、正社員になれば、社会保険に入ることも可能です。

デメリット

子どもが小さい場合、正社員として働くためには、保育所や学童保育に預ける必要があります。また、正社員になれば残業もありますから、保育所等に預けてもお迎えの時間に間に合わなくなる可能性も。さらに、状況や会社によっては自分の希望した日に有給休暇を取れないこともありますから、学校行事などへの影響も考えておきましょう。


契約社員

メリット

子どもが小さい間だけ時間や曜日を限定して働きたいような場合には、契約社員という選択肢があります。契約社員とは、最長3年までの定めた契約期間の間だけ働く雇用形態のこと。契約期間満了後は、場合によっては契約更新されることもあります。また、契約社員は契約で勤務日や勤務時間も決まっており、残業なしも選べます。

デメリット

契約社員の場合、必ず契約更新されるとは限りませんから、どんなに居心地の良い会社でも、契約期間満了でやめなければならないことがあります。すぐに次の仕事が見つからなければ、一時的に職を失ってしまうかもしれないことを覚悟しておかなければなりません。


派遣社員

メリット

派遣社員も契約社員同様、決まった時間や曜日だけ働くことができます。派遣社員の場合には、派遣先での契約が終了したときに、次の派遣先を紹介してもらえる可能性が高くなっています。派遣社員は時給制になっていますが、一般的にアルバイトに比べて高時給というメリットもあります。

デメリット

基本的に、派遣社員にはボーナスがなく、交通費も支給されません。アルバイトより時給は良くても、正社員に比べると待遇は悪くなります。また、もし子どもの都合で働けなくなり、契約期間途中で契約解除になるようなことがあれば、同じ派遣会社ではその後の派遣先を紹介してもらえない可能性もあります。