シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

離婚後、元夫の両親とはどう付き合っていけばいいの?

ライター 森本由紀

1児の母。12年の結婚生活を経て40代で離婚しシングルマザーに。現在は行政書士・カウンセラーとして活躍するかたわら、ライターとしても執筆活動を行っています。

Photo yuki morimoto

Id275 00

離婚後の元夫両親との関係は微妙

夫の両親との仲の良しあしは人それぞれ。最初からうまくいってないこともありますが、離婚するまでは義両親ともかなり仲が良かったという人も少なくないでしょう。元夫の両親と離婚後どう付き合うべきかは、悩んでしまうところです。

離婚後も子どもにとっては変わらず祖父母

離婚すれば、自分と夫とは法律上他人となり、夫の両親も自分にとっては他人になります。けれど、離婚後も元夫と子どもは変わらず親子。元夫の両親にとっては変わらず孫です。おじいちゃんやおばあちゃんと会えなくなってしまえば、子どもが悲しむこともあります。

これまで通り付き合うかは義両親が決めること

自分は離婚後もこれまで通り義両親と付き合いたいと思っていても、相手がどう考えるかはわかりません。義両親にとっては、息子と離婚した嫁はやはりもう他人という感覚でしょうし、離婚の原因は嫁にあると思っている場合もあります。たとえ孫でも、別れた嫁が親権をもつ場合には、面会を望まない人も多いのです。離婚後もお付き合いしてもらえるかどうかは、基本的には義両親が決めることだと思っておいたほうがいいでしょう。

義両親が今後も付き合いを望んでいる場合


義両親がずっと子どもをかわいがってくれていた場合、離婚後も子どもに会うことを望んでいることもあります。子どもが嫌がっているような場合には別ですが、そうでないなら、できるだけ会う機会を設けたほうがいいでしょう。

義両親にどうやって子どもを会わせる?

離婚後は、義両親も息子の元嫁にどう接すればいいか悩んでいるもの。子どもを義両親と会わせる場合には、自分ではなく元夫に付き添ってもらうほうが、向こうにも気を遣わせませんし、自分も窮屈な思いをせずにすみます。

自分にとっては家族ではなく知人

離婚後に元夫の両親と接するときには、なれなれしい態度は禁物。こちらから元夫の両親に頼みごとをするのは、できるだけ避けるのが無難です。例えば、自分の都合で子どもを預かってほしい場合にも、向こうから善意で申し出てくれるのでなければ、無理には頼まないほうがいいと思います。また、頼まれてもいないのに元夫の実家で家事を手伝うなどのお節介もよくありません。これまでの家族という感覚を捨てて、知人だったらどう付き合うかを基準に考えてみましょう。