シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

シンママは車を持つべき?移動手段の選び方

ライター ei.t

シングルマザー歴1年の新米シンママです。小学生の姉妹を育てつつ、毎日を楽しむ!がモットー。家族のカタチは変わったけれど、セカンドステージで頑張ってます!

Photo eit

Id278 00

毎月の家計費を圧迫していると思われる、車の維持費。子どもの送迎や、移動時間短縮のために、車は必要不可欠ですが、維持費を考えると何だか頭が痛いことも……。節約できるならしたいところではあるけれど、車なしの生活はちょっと想像がつかない。逆に、「毎月の交通費を考えたら車を持った方が得なの?」と考える方もいるかもしれません。今回は、あなたのお住まいの地域や家族構成によって変わる、賢い移動手段の選び方をご提案します♪

車は贅沢品!?

地域によっては「生活保護を受ける場合には、例外を除いて車を保持することができない」などの条件があるため、車が贅沢品であるかのような気持ちになってしまうこともありますよね。でも、あなたのライフスタイルによっては必需品である場合もありますし、むしろ車を持つ方が日々の生活の節約につながることもあるんです。

車にかかる経費って実際にはどれぐらい?

車を購入し維持していくうえで、必ず発生する経費を挙げてみます。
筆者が所持している軽自動車を例にしてみましょう。主な用途は通勤、子どもの習い事の送迎、買い出しなどですが、下記の経費がかかっています。

  • ガソリン‥‥月1万円程度
  • 任意保険‥‥外資系の保険会社とネット契約で月2,000円程度
  • 自賠責保険(2年に一度)‥‥月に換算して1,000円程度
  • 自動車税‥‥月に換算して600円
  • 重量税(2年に一度)‥‥月に換算して475円
  • 車検(2年に一度)‥‥整備案件にもよりますが、月に換算して3,500円程度
  • 消耗品(オイル交換やタイヤ交換、その他メンテナンスなど)‥‥月に換算して1,500円程度
  • 駐車場‥‥持ち家のため0円

こうして見ると月々、2万円程度の計算になります。ローンで購入した場合や駐車場を別途借りる場合は、さらにその分の費用が上乗せになるので注意してください。

洗い出すことで家計の見直しにも

筆者が実際に月々支払っているのは、ガソリン代と任意保険の約1万2000円だけで、その他の経費はボーナスや手当でまとめて払っています。しかし、月々にならして積み立てていければ、手当を貯金に回すこともできるんだなと実感できました。