シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

どこまで任せる?母子家庭の子どものお手伝い事情

Id271 00

母子家庭では子どものお手伝いが重要!

シングルマザーがひとりで家庭を支える母子家庭では、家での子どものお手伝いがとても重要になりますよね。もちろん一般家庭でも、子どもに積極的にお手伝いをお願いしているお家はたくさんありますが、母子家庭ではこれらが自然に行われるケースが多いようです。

お手伝いは子どもの心を育てる

お手伝いは、自分や家族の助けになる行為です。相手を思いやる優しい気持ちが育ちますし、家事やその段取りなどから自己管理する力も自然と身についていきます。結果的に、自立心が成長し、生活力を高めることにもつながります。今回は、幼児期~小学校高学年までの学年別に、オススメのお手伝いをまとめてみました。


幼児期

ご飯の準備をお手伝い

この時期は、お母さんの仕事に合わせた生活になるケースが多いですよね。おそらく仕事・幼稚園(保育園)から帰宅後、すぐに夕食の支度になるかと思います。おなかがすいている子どもの気が紛れるように、ご飯をよそったり、箸やコップなどを並べたりといった、食事の準備を手伝ってもらいましょう。食後には、一緒に後片付けをし、お茶碗はお水に浸しておくなどのテクニックを教えるのも良いですね。

時間があるときにはお洗濯やお掃除も

保育園のない日には、洗濯物を一緒に畳んだり、掃除機かけの間にフローリングワイパーなど持たせて床を拭いてもらったりするのがオススメ。少しずつやり方や手順を覚えてもらい、日常的にお手伝いをしてもらいましょう。


小学校低学年

小学校に入ったら、お手伝いよりも宿題など勉強時間の確保を優先したいもの。低学年のうちは、幼児期同様の簡単なお手伝い程度か、週末にお母さんとの会話を楽しみながら手伝ってもらうのが良いでしょう。生活のリズムを崩さないよう、子どものペースを優先して、無理しない範囲でお手伝いしてもらいたいですね。