シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

シンママが子どもとお出かけするときに注意したいこと

ライター ei.t

シングルマザー歴1年の新米シンママです。小学生の姉妹を育てつつ、毎日を楽しむ!がモットー。家族のカタチは変わったけれど、セカンドステージで頑張ってます!

Photo eit

Id288 00

暑いほどの日もだんだん増え、この季節は子どもと一緒にお出かけする機会も増えますね♪ でも浮かれてばかりもいられない、昨今の子どもが巻き込まれる悲しいニュースや事件の多さ。「私は大丈夫!」と思っているシンママさんへ、あなたの大切な子どもを思わぬ落とし穴に落とさないように、注意しておきたいことをご紹介します。


車の事故は車内でも起こる!

事故に気をつけましょう! と聞くと、ついつい屋外での事故ばかりに気が行きがちではありませんか? もちろん急な飛び出しや、車の陰になっていて危うくひかれそうになったなど、屋外で注意が必要なことが多いのは確か。ですが、車の中にも見落としがちな危険があるんです。


熱中症

毎年必ずと言っていいほど耳にする、車内で熱中症になってしまった乳幼児の痛ましい事故。「暑い中、冷房もかけずに子どもを車内放置するなんて考えられない!」と思ってしまうママさんもいるかもしれません。でも、実は真夏だけでなく、「春先だし大丈夫」「冷房をかけたまま少しの間だけ……」と、ほんのちょっとのつもりで用を足している間に、事故が起きてしまうことも少なくないのです。

車内の温度はこんなに上がる!?

ある実験データでは、測定日が最高気温23度で比較的過ごしやすい日だったにも関わらず、車内温度は50度近くまで上昇し、車内に置いていた炭酸飲料の缶が破裂したという結果が出ました。このような状態の車内に子どもを10分でも置いたままにするのは大変危険です。
冷房をつけていたとしても、故障や何かの拍子に消えてしまう可能性があることも忘れずに!

参考:JAF「JAFユーザーテスト|車内温度/春」
http://www.jaf.or.jp/eco-safety/safety/usertest/temperature/detail1.htm

子どもを連れて出かけるときに一工夫!

スヤスヤ寝ているところを無理やり起こし、機嫌が悪い状態の子どもを連れての買い物を想像すると、「少しだったら大丈夫だよね、冷房もかけているし……」と油断してしまうことがあっても無理はないと思います。他に大人がいるなら、一緒に車内に残ってもらうという選択もできますが、私たちシンママは基本的にひとりで行動する場面が多いはず。だからこそ、予期せぬ事故が起きないようにするための工夫が必要不可欠です!

ちょっとの工夫で事故を防ぐ!

あなたの大切な子どもを守るためにも、お出かけの際には以下のことに気をつけましょう。

  • 子どもの眠くなりそうな時間帯に出かけない
  • 必要になりそうなものはあらかじめ用意しておいて、「ちょっと買い物へ」をなくす
  • 基本的に、車外へ出るときは必ず子どもを連れて行く

これらのどれかひとつでも注意して行動すれば、事故は防げるはず!