シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

シンママが“もしも”の病気や事故にあったら、医療費はどうなるの?!

ライター 辻寿子

フリーライター歴22年、シンママ歴6年。一卵性双生児の息子は、長男が脳性マヒで車椅子。日本化粧品検定1級、サプリメントアドバイザー取得。結婚歴3回、死別→離婚→離婚の経験あり。

Photo hisako tuji

Id290 00

シングルマザー(母子家庭)にとって、急な事故やケガ、病気はとても困ること。子どもの「もしも」も大変ですが、自分がそんなことになったら家が回りません。しかし、どんなに気をつけても病気やケガは突然襲ってきます。そんな時、シンママを助けてくれる制度をご紹介します。

健康保険の傷病手当金制度


傷病手当金制度とは、病気休業中に被保険者とその家族の生活を保障するための制度で、会社を休んで十分な報酬が得られない場合に手当金が支給されます。有給休暇を取得できる仕事であれば、多少休んだとしても収入は減りませんが、パートなどの時間給のようなお仕事の場合は、仕事を休んだ分の収入は0になってしまいます。傷病手当金は、健康保険に加入していれば誰でも受給資格がありますので安心です。

傷病手当金制度を受ける条件

傷病手当金を受けるためには、4つの条件を満たす必要があります。

  1. 連続した3日間+1日以上休んでいる
    病気やケガをした日から、4日以上連続、もしくは3日以上連続して休んだ後に、4日目以降も仕事を休んだ人が対象です。支給開始は仕事を休んだ4日目以降からが対象となります。

  2. 業務上や通勤途中のケガはダメ
    この場合のケガは、労災保険の対象となります。傷病手当金制度は使えないので注意しましょう。

  3. 有給休暇扱いはダメ
    会社から給与が出ていることになりますので、傷病手当金制度の対象外です。

  4. 病気とみなされない場合はダメ
    例えば美容整形など、病気とみなされないものは傷病手当金制度の対象にはなりません。

傷病手当金の支給額

手当制度があるとはいっても、一体いくら支払われるのか気になるところ。傷病手当金の支給額は一定ではなく、その人の収入によって決定します。

●1日あたりの支給額の計算方法
[支給開始日(※)以前の継続した12カ月間の各月の標準報酬月額を平均した額]÷30日×3分の2
※支給開始日とは、一番最初に給付が支給された日のことです


引用元:全国健康保険協会「協会けんぽからのお知らせ」
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/~/media/Files/honbu/g3/cat310/280201seidokaisei.pdf

【例:過去12カ月の平均月収が200,000円の場合】
200,000円(過去12カ月の平均月収)÷30日(※1)×3分の2(※2)=4,400円
※1⇒30日で割ったところで1の位を四捨五入します
※2⇒「3分の2」で計算した金額に小数点があれば、小数点第1位を四捨五入します

連続で3日以上+1日休んだ場合、4日目以降に支給が開始するので、1カ月(30日)休んだ場合は26日分が支給されます。また、支給期間は最長で1年6カ月までです。1年6カ月の間に一度復帰し、再度同じ病気やケガで休んだ場合は、その期間も1年6カ月の内に含まれます。また、継続した12カ月の報酬がなかった場合にも支給は行われます。詳しくは健康保険協会に問い合わせてみましょう。


ひとり親家庭の医療費助成制度


こちらの制度では、シングルマザー家庭の医療費が無料になります。自治体によって条件が異なりますので、お住まいの自治体へ確認してください。一般的な需給の条件は、健康保険に加入していること。生活保護を受けていたり、児童福祉施設に入所していたりすると対象にならないこともあります。

入院している間の子どもの預け先は?


実家や親戚など、頼れる人がいない場合は「児童相談所」に相談しましょう。ショートステイという制度があり、母親が入院などやむを得ない事情で家を空ける場合、最長2カ月間預かってくれます。
ほかにも、厚生労働省が取り組んでいる「ひとり親家庭生活支援事業」では、日中だけですが預かってくれますので、実家の両親などと相談のうえ、子どもの預け先を決めましょう。

まとめ

病気やケガはしないに越したことはありませんが、万が一ということもあります。最低でも、生活費と医療費が確保できるように備えることも大切。何かあってから準備するのでは遅いため、手当や制度のことを知り、いざという時に役立ててください。


★支援・手当について一通りチェックしたい方こちらをチェック
児童扶養手当だけじゃない!シングルマザー(母子家庭)が頼れる支援制度をまとめてご紹介