シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

【夜勤】シングルマザーが働くメリットと気をつけたいこと

Id295 00

夜勤をする上で気をつけたいこと

健康管理を第一に

シングルマザーに限らず、夜勤をしている人が気をつけたいのは、健康管理です。食事に気をつけ、睡眠をしっかり取り、生活のリズムや体調を崩さず、体力作りも日ごろから行っていくことが大切になります。

子どもを守る義務

健康管理以外に、シングルマザーや全ての働く母親が一番に気をつけるべきなのは、子どものことでしょう。暗くなる夜は、子どもにとっては不安になりやすい時間帯です。母親といっしょにいられないことは、寂しいだけでなく、精神的にも不安定になりやすいもの。ここを一番に気にかけてあげなくてはいけません。

夜間の間はできるだけ一人にしない

いくらしっかりした子どもだとしても、小学生のうちは一人で留守番をさせない方がいいでしょう。大人が守るべき子どもなのに、家庭が大変だからと過度に我慢させたり、子どもの自立に頼ったりするばかりではいけません。できるかぎり、夜勤の間に見守ってくれる大人、もしくは託児所に子どものお世話をお願いしましょう。子どもの安心につながるのはもちろん、夜勤中に子どもに何かあったら……、と心配せずに働くことができますよ。

★ 夜勤 介護職のお仕事もご案内できます



まとめ

シングルマザーは、大切な子どものためになんだってできるし、頑張れるものですよね。心身ともに辛い夜勤を選び、しっかり働けるのも、子どもとの生活のためでしょう。デメリットよりもメリットをモチベーションにし、気をつけるべきことにしっかりと配慮して、やりがいを持って夜勤に取り組んでください。