シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

【シンママ父の日事情】「父の日」イベントで、母子家庭に配慮はある?

ライター 天守閣ノボル

紙媒体からWEB媒体に活動の場を移し10年目のアナログライター。小学生と保育園児、2人の子をシングル育成中。兄妹仲悪し。

Photo noboru tensyukaku3

Id303 00

シンママになると、「父」というキーワードに敏感に反応してしまいがち。子どもに肩身の狭い思いはさせたくないけれど、なかには避けられないイベントもありますよね。保育園や学校で行われる「父の日」行事や制作もそのひとつ。現状はどのようになっているのでしょうか? シンママの皆さんの実態をリサーチしてみました。


Q1. 子どもが通う保育園や幼稚園、小学校などで「父の日」に関する行事が行われましたか/行われる予定ですか

  1. 行われなかった/行われない予定 63.3%
  2. 保育園・幼稚園のみ行われた/行われる予定 22.8%
  3. 保育園・幼稚園、小学校すべてで行われた/行われる予定 11.4%
  4. 小学校のみ行われた/行われる予定 2.5%

(ママモワ「シングルマザーに関する調査」より作成、N=158)

母子家庭への配慮?「父の日イベントなし」が過半数

最も多かった回答は「行われなかった/行われない予定」(63.3%)。家庭環境が多様化している現代においては、父の日だけではなく母の日に関する行事や制作も実施しないところが増えてきているようです。父親や母親がいないことで子どもが寂しい思いをしないように……、というのが主な理由。これも時代でしょうか?

実施されるのは保育園・幼稚園が多い傾向

次いで多かったのは「保育園・幼稚園のみ行われた/行われる予定」(22.8%)という回答。保育園や幼稚園では、毎月のテーマに沿って保育指導が行われるのが一般的。「父の日」も季節行事のひとつと考えると、外すのが難しいこともあるのかも? 施設によって対応に差はありますが、片親の家庭をあまり見かけない私立の幼稚園では実施しているところが少なくないようです。

「父の日」に悶々とするのは小学校に入学するまで?

「保育園・幼稚園、小学校すべてで行われた/行われる予定」(11.4%)は1割程度とごく少数。「小学校のみ行われた/行われる予定」(2.5%)はさらに少なく、小学校ではあまり「父の日」行事が行われないことが見て取れます。「ゆとり教育」から脱却し、授業数が増えているイマドキの小学校。父の日行事が行われないのも、母子家庭への配慮というよりは、多忙さが理由なのかもしれません。