シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

恋愛中のシンママ必見!母親と女の上手な切り替えポイント

ライター ei.t

シングルマザー歴1年の新米シンママです。小学生の姉妹を育てつつ、毎日を楽しむ!がモットー。家族のカタチは変わったけれど、セカンドステージで頑張ってます!

Photo eit

Id301 00

ひとりで子どもを育てるようになって、開放感と共に不安もたくさんだった毎日。「これからはずっとひとりで頑張っていこう!」と思っていた矢先に新しい出会いがあって、久しぶりに恋をしている私。彼はとても優しい人だけど、もちろん子どもが大切だからけじめはつけているつもり。でも、浮かれている私を見抜いているのか、何だか子どもの情緒が不安定に感じる瞬間もある……。

「母親」と「女」の使い分けは?

母親の私と、女の私。子どもは女の私に不安を感じているのかも。2つの顔をどう切り替えればみんなが幸せになれるの? 恋するママさんには、きっとさまざまな葛藤がありますよね! そんなあなたのモヤモヤの解消方法を、一緒に考えてみませんか?


あなたはある意味恋愛のエキスパート!?

恋愛して、結婚して、出産して、離婚して……。または恋愛して、ひとりで出産して……。シチュエーションは人それぞれだと思いますが、それなりのストーリーを経て、今のあなたと子どもがあるのは確かですよね。

恋愛の良し悪しを見てきたシンママ

あなたは単にひとつの恋愛が終わったという経験だけではなく、子どもという愛の結晶が生まれてもなお、愛が終わるという経験をしているのです。いわば恋愛のいいところも悪いところも見てきたのではないでしょうか。
そんなあなたにしてみれば、やはり「子どもがいながらにして恋愛をする」というのはデリケートな問題ですよね。子どもの気持ちと彼の気持ち、そしてあなたの気持ち。どうバランスを取っていけばいいのか悩んでしまう瞬間もあるのでは?