シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

家賃が払えないとき、シングルマザーはどうすればいいの?

ライター 辻寿子

フリーライター歴22年、シンママ歴6年。一卵性双生児の息子は、長男が脳性マヒで車椅子。日本化粧品検定1級、サプリメントアドバイザー取得。結婚歴3回、死別→離婚→離婚の経験あり。

Photo hisako tuji

0

家計の中で一番大きな割合を占める「家賃」ですが、シングルマザーには毎月重くのしかかる大きな負担となっていることでしょう。正社員などで定額の収入が確保されていればいいですが、不安定な賃金の場合は毎月不安になりますよね! どうしても困ったとき、どうしたらいいのか、また頼れる制度があるのかを紹介するとともに、家賃を滞納しないコツをご紹介します。

家賃を滞納するとどうなるの?

家を借りるとき、不動産会社と契約をしたと思います。滞納したことがわかった瞬間に、不動産会社から催促の電話がかかってくるのが普通です。
支払い状況の確認が取れるのは、振込期日から3営業日後あたり。そこで振り込まれていないことがわかると不動産会社は即動きます。このとき電話に出なかったり、何の対応もしなかったりすると、手紙が来たり、実際に担当者が訪問してきたりします。

もしも無視したらどうなる?

基本的に、不動産会社からの催促の電話に本人が出て、家賃をどう支払うかの約束をする、もしくは実際に支払うまで催促は続きます。もしも怖がって、逃げたり隠れたり無視したりすれば、約2カ月で「明け渡し訴訟」の準備をされてしまいます。こうなると、強制執行で退去に追い込まれることになるので、いきなり住む場所がなくなる可能性も出てきます。そうなる前に、正直に対処しましょう。

「払えそうにない」と思ったらどうすべき?

さて、実際に家賃が払えそうにないと思ったら、どうしたらいいのでしょうか?
これは、正直に状況を大家さんや不動産会社に相談するのが一番です。何の相談もなしに一度でも滞納すると悪い印象を与えてしまい、助けてもらえなくなってしまうことも。

正直に伝えれば対処してもらえる場合も

パート勤務だが、体調が悪くて先月あまり働けなかった、派遣先を急に解雇されたなどの事情を説明し、仕事を探しているなど、収入を得る方法を伝えましょう。相談することによって、次の仕事が見つかるまで待ってもらえたり、分割払いにしてもらえたり、何らかの対処をしてもらえます。

一時的にお金を借りる

今後一定の収入が見込め、返済ができそうなら、一時的にカードローンでお金を借りるのもひとつの方法です。各自治体の福祉課や社会福祉協議会などでも、一時的な出費を対象にした貸与もあります。一度相談してみましょう。また、離職による一時的な収入のストップなら、ハローワークでも救済方法を紹介してもらえます。もんもんと悩まず、行動してみましょう。