シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

給付型奨学金でシングルマザーでも子どもを留学させる夢を現実に

ライター 井上美鈴

女性とシングルマザーのお金のお悩みを解決するファイナンシャル・プランナー。公的機関や住宅展示場などでマネー講座を開催している。大学生の子どもを持つシングルマザー。

Photo inoue san

225636 main

はじめまして。
ファイナンシャル・プランナー(FP)の井上美鈴です。
個別相談、公的機関でのマネー講座など、東京・千葉を中心に活動を行っています。シングルマザー歴は15年です。
離婚経験を通じて、「生きていくためのお金の知識」の重要さを知り、知識のあるなしで人生が大きく変容することを実感しました。
知っているのと知らないのでは大違い!そんなFPならではのお金の情報と息子(現在19歳)と二人三脚で試行錯誤しながら生活してきた経験が、シングルマザーのみなさまのお役に立てればと思っています。どうぞよろしくお願いします。


もし、お子さんが「留学したい!」と言ってきたらどうしますか?

シングルマザーにとって、子どもを高校・大学に通わせるだけでもかなり大変!!そして、さらに留学となると家計にとっては相当大きな負担です。

もちろん、留学が貴重な体験となり、子どもの人生はより豊かなものになるでしょう。わかっていても、学費を払いながらの留学はシングルマザー以外のご家庭でも厳しいものです。でも、諦める前に色々と方法を探してみませんか?


シングルマザーでも、子どもを留学させられる?

グローバル化が進み、留学して他国の文化や技術、そして語学を学ぶ重要性がとても高くなってきています。日本社会でも、留学経験者に対する期待も高まっていますね。

政府は、将来グローバルに活躍する意欲と能力のある学生の経済的負担を減らすために、民間と協力して給付型奨学金などのさまざまな施策を行っています。

そして、2020年の東京オリンピック・パラリンピックまでに高校生・大学生の海外留学生を倍増させることを目指しています。

学生にとっては今がまさに留学するチャンスなのではないかと筆者は感じています。

そこで、今回は現在募集中の留学のための給付型奨学金(返済しなくてよい奨学金)の1つをご紹介したいと思います。


「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」とは?

2014年からスタートした、政府と民間が協力して取り組んでいる海外留学支援制度です。“産業界を中心に社会で求められる人材”、“世界で活躍できる人材”の育成が目的です。1期から5期までで、合計約2,000人が日本代表に選抜されています。給付額の手厚さは必見です!

2016年7月1日から10月24日まで第6期の募集が行われています。募集人数は、500人。2017年4月~2017年10月までの間に留学が開始されることが要件です。留学期間は、28日~2年の範囲です。

この6期からは、「海外初チャレンジ応援」という枠が全体の2割用意されました。
初めて留学する人にはチャンスです。

トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム
http://www.tobitate.mext.go.jp/

応募には家計基準があります

日本学生支援機構の第2種奨学金の家計基準を満たす学生が対象です。
しかし、4期からは基準以外の学生にも全体の1割程度の人数枠が設けられるようになりました。(ただし、給付金額は少なくなります。)

そして、この「トビタテ!JAPAN」の最大の特徴は、「自分で」留学プランを立てられるというところです。ボランティアやインターンシップをして学校へ通わない計画でもOK。幅広く対象になります。

具体的には、大きく4つのコースがあります

COURSE1:理系、複合・融合系人材コース
理系分野、複合・融合系分野の留学
(新興国、世界トップレベル大学等も含む)

COURSE2:新興国コース
今後、経済成長が期待される新興国での留学

COURSE3:世界トップレベル大学等コース
世界大学ランキングで100位以内に位置する大学や、同等の教育レベルにある研究機関への留学

COURSE4:多様性人材コース
スポーツ・アート・国際協力など様々な分野や活動において、今後の活躍が期待できる人材の留学

実際に留学した学生の計画を見てみると、

  • パリ政治学院で国際政治を学びながら、茶道の魅力を広める
  • 本場スペインの師匠のもとフラメンコを極め、日本にフラメンコを浸透させる
  • ラオスの恵まれない子供たちに、質の高い授業をDVD化して提供し、持続的な教育モデルを構築する
  • イギリスのホスピスで最先端の在宅緩和ケアを学び、今後高齢化が加速する日本へ還元
  • 日本だけが“おもてなし”の国じゃない! アジアの観光立国に学ぶ世界最高峰の“おもてなし”
  • スタンフォード大学留学とシリコンバレーでのインターンで“和製ジョブズ”を目指す!

非常にバラエティーに富んでいます。
自分の興味関心にマッチした留学ができそうですね。