シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

【2016年8月一部改正】児童扶養手当が増額!母子家庭の生活は楽になるの?

ライター 辻寿子

フリーライター歴22年、シンママ歴6年。一卵性双生児の息子は、長男が脳性マヒで車椅子。日本化粧品検定1級、サプリメントアドバイザー取得。結婚歴3回、死別→離婚→離婚の経験あり。

Photo hisako tuji

Id311 00

2016年8月から児童扶養手当が増額になります。児童扶養手当は、ひとり親のための支援制度で、子どもの人数や所得によって支給額が変わります。その金額が増額! これは大歓迎ですね! 増額によって、母子家庭の生活にどのような影響があるのでしょうか?


児童扶養手当 どのくらい増額されるの?

ひとり親家庭への支援を拡充する改正児童扶養手当法が2日、参院本会議で可決、成立した。1人目(月4万2330円)は据え置くが、2人目以降の加算額が最大で倍増し、2人目は月5000円から1万円に、3人目以降は3000円から6000円となる。近年、縮小傾向だったひとり親世帯への現金給付が拡大することに、当事者からは歓迎の声が上がるが、とりわけ経済状況の厳しい母子家庭へは、なお、さまざまな支援が必要だ。

引用:毎日新聞「児童扶養手当:加算額大幅増も貧困解決には遠く」

2人目以降の手当が増額

満額受け取れる場合、今回の改定により以下のように増額します。

  • 1人目 → 42,330円(そのまま)
  • 2人目 → 10,000円(+5,000円)
  • 3人目 → 6,000円(+3,000円)

単純に計算すると、子どもが2人なら月5,000円、3人なら月8,000円が増えることに。なお、支給は2016年12月振り込みの分から反映されます。


児童扶養手当を増額してもらうためには?

現在、児童扶養手当をもらっているなら、きちんと「現況届」を提出していれば、自動的に増額されることになります。新たに申請や手続きをする必要はありません。これからもらう予定の人も、申請の時に自動で増額して計算されるので大丈夫ですよ。