シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

東京都中野区のひとり親家庭支援内容まとめ【中野区のシングルマザー必見】

Nakano ku 00


国や都のひとり親支援制度とは別に、中野区ではさまざまな助成や事業で母子・父子家庭を支援しています。
仕事での自立を促すと共に、そのための子どもの世話や生活面をサポートし、ハードとソフト両方からのアプローチを行っています。

― 関連記事 ―
児童扶養手当だけじゃない!シングルマザー(母子家庭)が頼れる支援制度をまとめてご紹介

中野区 ひとり親家庭支援制度

中野区では、ひとり親家庭・子育て世帯へ向け"児童手当"や"医療費助成"等の経済的な支援の他、"ファミリー・サポート事業(病児保育・病後保育も実施)"、"年末保育・休日保育"など、安定して働ける環境を守る為の取り組みを実施しています。
ひとり親家庭へ向けた助成・事業については下記よりご確認ください。

経済的支援

児童育成手当

〈支給対象〉
区内に居住し、児童を養育する母(父)、又は養育者で前年の所得(1月から5月までの手当ては前々年所得)が所得限度額未満の場合に支給。
※児童が児童福祉施設に入所している場合、又は事実婚の場合は対象外。

育成手当

児童が18歳を迎えた後、最初の3月31日までの間に下記条件に該当する児童が対象

  • 父母が離婚した場合
  • 父(母)が死亡した場合
  • 父(母)が重度の障害を有する場合(身体障害者手帳1・2級)
  • 父(母)が生死不明である場合
  • 父(母)が1年以上遺棄されている場合
  • 父(母)が裁判所からのDV(配偶者による暴力)にて保護命令を受けた場合
  • 父(母)が拘禁され1年以上経過した場合
  • 母が婚姻によらない場合で懐胎した場合
手当額

児童1人につき月額13,500円

障害手当

児童が20歳未満で下記の様な障害の程度がある場合に支給

  • 愛の手帳1、2、3度程度
  • 身体障害者手帳1、2級程度
  • 脳性マヒあるいは進行性筋委縮症
手当額

児童1人につき月額15,500円
※老人控除対象配偶者及び老人扶養家族1人あたり100,000円、特定扶養親族1人にあたり250,000円を限度額に加算します。

申込窓口

こども家庭支援センター児童手当担当(区役所3階11番 こども総合相談窓口)
※申請に必要なもの等、事前にご相談下さい。

児童扶養手当

区内に居住し、出生から18歳を迎えた後、最初の3月31日(児童に中程度以上の障害がある場合は20歳未満)までの間、下記に該当する児童を養育している方で、前年の所得が限度額未満の場合に支給します。
※育成手当支給対象条件と同様

  • 父母が離婚した場合
  • 父(母)が死亡した場合
  • 父(母)が重度の障害を有する場合(身体障害者手帳1・2級)
  • 父(母)が生死不明である場合
  • 父(母)が1年以上遺棄されている場合
  • 父(母)が裁判所からのDV(配偶者による暴力)にて保護命令を受けた場合
  • 父(母)が拘禁され1年以上経過した場合
  • 母が婚姻によらない場合で懐胎した場合
    ※児童が児童福祉施設に入所している場合、又は事実婚の場合は対象外となります。

上記他、例外により支給対象となる場合がある為、あらかじめ担当までご相談ください。

手当額

全部支給:月額42,330円
一部支給:所得に応じて月額9,990円から42,320円まで10円単位で変動

[2人以上の場合]
第2子の加算額
 全部支給:10,000円
 一部支給:9,990円~5,000円
第3子以降の加算額(1人につき)
 全部支給:6,000円
 一部支給:5,990円~3,000円

申込窓口

こども家庭支援センター児童手当担当(区役所3階11番 こども総合相談窓口)
※申請に必要なもの等、事前にご相談下さい。

ひとり親家庭医療費助成

区内に居住し、出生から18歳を迎えた後、最初の3月31日(児童に中程度以上の障害がある場合は20歳未満)までのひとり親家庭の児童、児童を扶養している父(母)、または養育者で、所得基準額(児童扶養手当同様)の基準に該当する家庭の方を対象に、医療費を助成します。

申請について

  • 児童扶養手当を受給している場合
  1. 児童扶養手当証書
  2. 健康保険証
  3. 転入した場合、前住地発行の前年度(1月~3月は当該年度)住民税課税証明書
    ※扶養人数と所得金額の記入が必要です。
  • 児童扶養手当を受給していない場合
  1. 申請者の戸籍謄本
  2. 児童の戸籍謄本
  3. 転入した場合、前住地発行の前年度(1月~3月は当該年度)住民税課税証明書
    ※扶養人数と所得金額の記入が必要です。
  4. 申請者と児童の健康保険証

申込窓口

こども家庭支援センター児童手当担当(区役所3階11番 こども総合相談窓口)

自立・就労支援

母子家庭等 高等職業訓練促進給付金等事業

就職に有利な資格の所得にあたり、養成機関等で1年以上修業をする場合、高等職業訓練促進給付金の支給を最長3年まで実施します。
さらに修了支援給付金を修了後に支給します。

支給対象

区内に居住し20歳未満の児童を扶養している母子家庭の母及び父子家庭の父で、下記条件にすべて該当する場合

  1. 児童扶養手当を受給あるいは同等の所得水準の方
  2. 養成機関において修業年限1年以上の一定の過程を修業し、資格の取得が見込まれる方
  3. 就業、または育児と修業との両立が困難と認められる方
  4. 訓練、生活支援給付金等、訓練促進給付金と趣旨が等しい給付を受けていない方
  5. 過去に本制度の利用がない方

申込について

事前の相談が必要です。講座申込手続きの2週間前までに申請してください。

予約先:子育てサービス担当
TEL:03-3228-5612

母子家庭等自立支援教育訓練給付金

雇用保険未加入の方が、仕事に安定的な仕事に結びつく為に必要な資格取得や技能向上に向けた教育訓練指定講座を受講した場合、入学科および受講科に対する給付金を支給する事業です。
※指定講座修了後、入学科および受講科の6割(上限200,000円、下限12,001円)を支給します。

支給対象

区内に居住し20歳未満の児童を扶養している母子家庭の母及び父子家庭の父で、下記条件にすべて該当する場合

  1. 児童扶養手当を受給あるいは同等の所得水準の方
  2. 適職に就くために必要と認められる方
  3. 過去に本訓練給付金を受給していない方
  4. 受講開始日において雇用保険法による教育訓練給付の資格を有していない方(雇用保険未加入の方)

申込について

事前の相談が必要です。講座申込手続きの2週間前までに申請してください。

予約先:子育てサービス担当
TEL:03-3228-5612

母子家庭等就業・自立支援事業

東京都、ハローワーク等中野区以外の制度案内も電話・窓口共に対応しています。
また、母子家庭の養育者に限らず、職業訓練を必要としている方に向けた支援制度もあります。

制度については下記リンクよりご確認ください。

その他の支援

母子生活支援施設

生活、就労、住宅に関して困難な問題を抱えている0歳から18歳未満の児童を養育する保護者に対し、専用施設で養育支援、家庭運営支援、就労支援等の自立に向けた支援を実施します。

自己負担金

※所得に応じて金額が異なります。担当部署にご相談ください。
担当:子育てサービス担当
TEL:03-3228-5612

ひとり親家庭ホームヘルプサービス

保護者の方や児童の病気等により、家事・育児に困っている方(小学生以下の児童がいるひとり親家庭)にホームヘルパーを派遣します。
※利用には年度毎に事前登録が必要です。

利用要件

  1. 保護者が怪我、病気によって児童の世話ができない場合
  2. 児童が怪我、病気をしたが保護者が就業等により介護できない場合
  3. 保護者が児童をおいて、冠婚葬祭へ出席する必要があり児童の世話ができない場合
  4. 保護者が休日勤務のために児童の世話ができない場合

派遣時間

午前7時から午後10時までの間、2時間以上11時間を限度に必要時間を利用可能。
※利用要件1の場合は2時間~4時間が限度

利用負担金

所得基準により、派遣に要する費用の一部を負担。
(1時間あたり0円~1,250円)

ファミリー・サポート事業(病児保育も実施)

この事業は、社会福祉法人中野区社会福祉協議会に委託し、地域の中で助け合いながら子育てをする事を目的とし、子育ての援助を希望する方・子育ての援助をしたい方が会員になって協力し合う会員制の支え合い活動です。
保育園・幼稚園などへのお子様の送迎や、保護者の外出時等に一時的にお子様を預かる事が主な活動内容となります。
平成21年4月から、特別援助活動を開始しました(利用会員のうち就労世帯の病児預かりと緊急時の預かり)。
ご利用には、ファミリー・サポート事業の登録後、特別援助活動の利用手続きと年会費3,000円の支払いが必要です(児童育成手当受給者は、受給証明書の写しを提出し1,500円に減額)。

中野区社会福祉協議会 ファミリー・サポート事業

http://www.nakanoshakyo.com/service/family_support/

利用料金/児童一人あたり

〔一般援助活動〕
平日:1時間800円/休日(土曜日・日曜日・祝日・年末年始):1時間1,000円
※2人目から半額になります。
※交通費や食費などの実費は、利用する側の負担になります。

〔特別援助活動〕
1時間1,200円
※緊急時の預かりの場合のみ、2人目から半額になります。
※交通費や食費などの実費は、利用する側の負担になります。

利用時間

子育ての援助を受ける方・子育ての援助をしたい方との話し合いできめます(宿泊を伴うお預かりはできません)。

特別援助活動の場合

〔病児預かり〕
月曜日~金曜日の午前8時~午後6時(第3月曜日を除く)/土曜日の午前8時~正午の間
※第3月曜日、日曜日、祝日、年末年始のお預かりはできません。

〔緊急時の預かり〕
月曜日~日曜日の午前6時~午前0時
※第3月曜日、祝日、年末年始のお預かりはできません。また、宿泊を伴うお預かりはできません。

利用手続き

会員になるには登録講習会の参加が必須です(登録は無料)。

〔平成28年度の登録講習会〕
午前10時~午前12時
会場 スマイルなかの会議室(中野五丁目68番7号)

〔持ち物〕

  1. 登録する保護者の顔写真2枚(サイズ縦3センチ、横2.5センチ、スナップ写真可)
  2. 印鑑
  3. 黒ボールペン

※お子様と一緒には登録講習会に参加できません。

先着順で託児の予約を受け付けています。
※電話でご予約ください。

関連情報

自主グループによる一時預かり(乳幼児の一時預かりをしている自主グループを紹介)
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/241500/d001404.html

中野区立療育センターアポロ園一時保護事業(保護者が疾病等により介護が困難になった際、小学校6年生までの発達上支援が必要な児童をお預かりします)
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/242900/d001468.html

お問い合わせ

中野区ファミリー・サポート事務局 スマイルなかの3階
(中野区中野5-68-7)
TEL:03-5380-0752

年末保育・休日保育

〔年末保育〕
年末年始(12月29日・30日)に保護者が就労その他、やむを得ない事由により家庭での育児が困難な際の一時預かり保育事業。
※申込方法や実施施設などの詳細は、11月初旬に掲載します。

〔休日保育〕
休日に保護者が就労その他、やむを得ない事由により、家庭において育児が困難な際の一時預かり保育事業。

対象者

下記の1~3のいずれかに該当し、就学前の健康で集団保育が可能な児童が対象です。

  1. 区内に居住し、認可保育園・認証保育所・認定こども園・家庭福祉員を利用している児童(生後8ヶ月以上)
  2. 区外に居住し、区内の認可保育園を利用している生後8ヶ月以上の児童
  3. 上記1以外で区内に居住し、利用日現在、満1歳以上の児童

実施施設

施設名:中野区打越保育園
所在地:中野区中野五丁目26番12号
TEL:03-3387-5117

※打越保育園の施設情報へ
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/244000/d002483.html

実施日時

〔保育時間〕
午前7時15分から午後6時15分の間で必要な時間

〔実施日〕
全祝休日(年末年始12月29日から31日及び1月1日から3日を除く)

利用料

児童ひとりあたり1日3,000円(ひとり親世帯の場合は半額)

関連情報

病後児保育事業・休日保育事業登録申請書
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/242900/d004862.html

病後児保育
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/242900/d010310.html

申請について

子ども教育部 子ども家庭支援センター 子育てサービス担当 (区役所3階 11番窓口)
TEL:03-3228-5612
FAX:03-3228-5657
受付時間:月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで
(祝休日、年末年始を除く)

ひとり親家庭への支援を拡充します

「みなし適用」は、対象事業のサービスの利用料等を決定する上で、所得に控除を適用し、ひとり親家庭の経済的な負担を軽減するものです。
※利用には年度毎に事前登録が必要です。

平成28年4月より、婚姻歴のないひとり親家庭に、寡婦(寡夫)控除の「みなし適用」を実施します。寡婦(寡夫)控除とは、死別や離婚等の場合に適用される税法上の控除を指します。
※婚姻歴のないひとり親家庭の場合は適用されません。

対象者

婚姻歴のないひとり親家庭で、児童扶養手当を受給している場合(所得を計算する対象となる年の12月31日及び申請時に生計を同一にする子がいる方)。
※生活保護を受給している方、非課税の方は対象外です。
※所得の状況等により、負担額が変わらない場合があります。

対象事業

寡婦(寡夫)控除のみなし適用
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/242900/d022388_d/fil/kahuminasitekiyou.pdf

申請方法

利用希望の事業担当窓口において、寡婦(寡夫)控除みなし適用申請書を提出してください。
※申請の際は、児童扶養手当証書をご持参ください。

利用料金等の算定基準から控除する額

税法上の寡婦(寡夫)控除の額(次の表のとおり)に準じます。

区分 寡婦控除 寡婦(特定)控除 寡夫控除
所得税控除額 27万円 35万円 27万円
住民税控除額 26万円 30万円 26万円

お問合せ

子ども教育部 子ども家庭支援センター 中野区役所3階 11番窓口
TEL:03-3228-5613
FAX:03-3228-5657
受付時間:月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで
(祝休日、年末年始を除く)



参照元|中野区のひとり親支援窓口
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/242900/d001420.html

※本記事に掲載されている内容は平成28年8月時点のものです。制度改正等に伴い、掲載されている内容が最新の内容と異なる場合がございます。最新の内容と異なる点にお気づきになられましたら、お手数ですが下記までご連絡いただけますと幸いです。
info@mail.mamamoi.jp