シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

熊本県熊本市のひとり親家庭支援内容まとめ【熊本市のシングルマザー必見】

Kumamoto shi 00


熊本市では、ひとり親で子どもを養育している家庭にさまざまな支援を行っています。各種手当で経済的に援助するだけでなく、子育てや生活上での困難解消のヘルパー派遣、自立できるような仕事を持つサポートなどを行い、いつでも相談できる窓口を設けています。

― 関連記事 ―
児童扶養手当だけじゃない!シングルマザー(母子家庭)が頼れる支援制度をまとめてご紹介

子育て・生活支援

子育て支援センター

熊本市には20ヶ所の子育て支援センターがあります。
子育てに悩んだり、疲れた時、気軽に立ち寄ったり相談できる場所です。

概要

育児相談
子育てに関するご相談に応じています。
来所面接相談・電話相談(日時など、各子育て支援センターによって違います)。

親子の遊び場
親子で自由に遊べる交流の場を提供します。遊びや季節の行事などを行い仲間づくりを支援します。

育児講座
子育てに関する講座を開催しています。

情報提供
子育てに関する情報を提供します。

地域との交流
地域の主任児童委員や校区担当保健師との連携をとり子育て支援のネットワーク作りを進めています。

問合せ先

健康福祉局 子ども未来部 子ども支援課
TEL:096-328-2158

熊本市ひとり親家庭児童訪問支援事業

熊本市では、熊本学園大学社会福祉学部と連携して、ひとり親家庭の小・中学生の児童を対象に、気軽に相談できる相手として大学生を家庭へ派遣し、児童の悩みを聞くなど相談相手となり、心の支えとなる事業を実施します。

対象者

母子家庭、父子家庭、及び父母のいない家庭において養育されている小・中学生

訪問日程

訪問回数
月2回(1回につき半日単位、4時間以内)

訪問期間
6ヶ月間(9時~21時まで、土日派遣あり)

活動場所
児童の自宅、公園、図書館等の公共的施設

利用料
無料

問合せ先

健康福祉局 子ども未来部 子ども支援課
TEL:096-328-2158

就業支援

母子・父子自立支援プログラム策定事業(就業支援)

「仕事を見つけたい!」「転職したい!」と考えていらっしゃる児童扶養手当受給者の方に対し、専任の就業相談員が、一人一人の希望する職種や就労時間などの就労条件に合わせた自立支援プログラムを策定いたします。
また、就業相談員がハローワークに同行し、ハローワーク職員と個別に就業相談を行うことにより、より詳細な就業相談を受けることができます。

対象者

  • 熊本市内在住で、児童扶養手当を受給している方(生活保護受給者を除く)
  • 就業経験がない方
  • ハローワークを利用したことがない方
  • 離職期間が長く、就職に不安がある方
  • 現在就労しているが、安定した職への転職等を考えている方など

費用

無料

問合せ先

  • 中央区役所保健子ども課
    熊本市中央区手取本町1番1号
    TEL:096-328-2421
  • 東区役所保健子ども課
    熊本市東区東本町16-30
    TEL:096-367-9130

相談日

月曜日から金曜日(ただし、祝日・年末年始は除く)
※予約をされている方が優先となります。

問合せ先

健康福祉局 子ども未来部 子ども支援課
TEL:096-328-2158

養育費相談事業

養育費の取り決め率及び受給率の向上を図り、ひとり親家庭の生活の安定とその子どもの健やかな成長に結びつけるため、養育費専門相談員が養育費に関する相談業務や情報提供を行っています。
※お電話での相談も可能です。また、相談を希望される場合には、事前にお電話で予約を入れていただいた方が確実です。

対象者

熊本市内在住で、離婚前後にかかわらず、養育費に関する相談を希望される方

費用

無料

問合せ先

  • 中央区役所保健子ども課
    熊本市中央区手取本町1番1号
    TEL:096-328-2421
    月曜日から金曜日(ただし、祝日・年末年始は除く)

経済的支援

児童手当

「父母その他の保護者が子育てについての第一義的責任を有するという基本的認識の下に、児童を養育している者に児童手当を支給することにより、家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的」として、児童を養育する父母などに手当を支給する制度です。

受給対象者

  • 支給対象者
    15歳に達する日以降の最初の3月31日までの間にある児童(おおむね中学校修了前までの児童)
    ※日本国内に住所をお持ちのお子様(ただし、留学中などの場合を除く)。
  • 請求対象者
    熊本市に住所をお持ちの方で、対象の児童を監護・養育されている方
    ※父と母がともに子どもを監護・養育している場合、児童の生計を維持する程度の高い方(所得の高い方など)が請求者となります。
    ※お子様が児童養護施設などに入所している場合は、原則として施設の設置者等に児童手当を支給します。
    ※要件を満たす方が複数いる場合は、お子様と同居している方に支給します(単身赴任の場合を除きます)。

手当額(月額)

  • 0歳~3歳未満(一律)/15,000円
  • 3歳~小学校修了前(第1子・第2子)/10,000円
  • 3歳~小学校修了前(第3子以降)/15,000円
  • 中学生(一律)/10,000円

所得制限

  • 扶養親族等 0人/622万円
  • 扶養親族等 1人/660万円
  • 扶養親族等 2人/698万円
  • 扶養親族等 3人/736万円 
  • 扶養親族等 4人/774万円
  • 扶養親族等 5人/812万円

所得制限以上の方に対しては、児童1人につき月額5,000円を支給します。

支給日

2月・6月・10月の各15日(年3回)

受給手続き

  1. 第1子が生まれた方
  2. 熊本市に転入された方
  3. 対象の児童を新たに養育するようになった方(受給者の変更)
  4. 養育する児童が増えた方(今まで児童手当を受給されていた方に新たにお子様が生まれたときなど)

申請に必要なもの

  • 受給者になる方(請求者)の健康保険証(コピー)又は年金加入証明書
  • 請求者の振込希望口座(普通口座)の通帳またはキャッシュカード(コピー)
  • 認印(シャチハタ不可)
  • 個人番号通知(マイナンバー)
    ※当該年度の1月1日現在の住民票が熊本市外の方は、当該年度の所得・課税証明書(前年分の所得がわかるもの)が必要です。

その他(現況届)

児童手当を継続して受給するために、毎年6月中に現況届の提出が必要です(6月初めに必要書類を受給者様へ送付)。
なお、現況届の提出がない場合は、6月分以降の手当の支給が差止になりますのでご注意ください。

問合せ先

区役所
  • 中央区(保健子ども課)
    TEL:096-328-2421
  • 東区(保健子ども課)
    TEL:096-367-9130
  • 西区(保健子ども課)
    TEL:096-329-6838
  • 南区(保健子ども課)
    TEL:096-357-4135
  • 北区(保健子ども課)
    TEL:096-272-1104
総合出張所
  • 北部総合出張所
    TEL:096-245-2111
  • 河内総合出張所
    TEL:096-276-1111
  • 飽田総合出張所
    TEL:096-227-1111
  • 天明総合出張所
    TEL:096-223-1111
  • 城南総合出張所
    TEL:0964-28-3114
  • 幸田総合出張所
    TEL:096-378-0172
  • 花園総合出張所
    TEL:096-359-1122
  • 清水総合出張所
    TEL:096-343-9161
  • 託麻総合出張所
    TEL:096-380-3111

※「出張所」では、児童手当に関する手続きはできませんのでご注意ください。

児童扶養手当

父母の離婚等で父又は母と生計を同じくしていない児童が育成される家庭の生活の安定と自立を助け、児童の福祉の増進を図ることを目的として支給されます。

受給対象者

次の1~9に当てはまる18歳に達する日以後の最初の3月までの間(児童に一定以上の障害がある場合は20歳未満)にある児童を扶養している母子家庭の母・父子家庭の父・母又は父に代わってその児童を養育している方に支給されます。

  1. 父母の離婚後、父又は母と生計を同じくしていない児童
  2. 父又は母が死亡した児童
  3. 父又は母に重度の障害(国民年金の障害等級1級程度)がある児童
  4. 父又は母の生死が明らかでない児童
  5. 父又は母から引き続き1年以上遺棄されている児童
  6. 父又は母が裁判所からのDV保護命令を受けた児童
  7. 父又は母が引き続き1年以上拘禁されている児童
  8. 母が婚姻によらないで(未婚で)出生した児童
  9. 8に当たるか明らかでない児童

手続きに必要なもの

  • 児童扶養手当認定請求書(所定の様式) 
  • 本人と児童の戸籍謄本(発行日から1ヶ月以内のもの)
  • 健康保険証(本人と児童が記載されているもの。カード式なら両方)
  • 本人の年金手帳(勤務先に預けている場合は年金加入証明でも可)
  • 本人名義の通帳
  • 印鑑(認印で可。スタンプ印は不可)
  • 同居者に関する申告書(所定の様式)

その他、必要に応じて住民票、児童扶養手当用所得証明書、養育費の取り決め書、お住まいの地域の民生委員の方からの証明などをご提出いただく場合があります。
詳しくは窓口にお問い合わせください。

支給額

全部支給:月額42,330円
一部支給:所得に応じて月額9,990円から42,320円まで10円単位で変動

[2人以上の場合]
第2子の加算額
 全部支給:10,000円
 一部支給:9,990円~5,000円
第3子以降の加算額(1人につき)
 全部支給:6,000円
 一部支給:5,990円~3,000円

支払い日

4月11日(12月~3月分)
8月11日(4月~7月分)
12月11日(8月~11月分)

現況届

毎年8月に更新用の書類(現況届)を提出していただくことになります。8月上旬にご自宅に現況届を郵送いたしますので、必ず8月中に提出してください。

資格喪失

手当受給者の方で下記に該当する場合は受給資格がなくなります。

  1. 婚姻の届出をしたとき
  2. 婚姻の届出はしなくても、事実上婚姻関係(異性と同居あるいは同居がなくてもひんぱんに定期的な訪問・生活費の援助がある等)となったとき
  3. 児童を養育しなくなったとき(前夫又は前妻の引き取り、施設に入所した、里親に委託された等)
  4. 受給者や児童が国外に転出したとき
  5. 受給者本人や児童が死亡したとき

一部支給停止措置

受給後5年を経過(支給停止期間も含みます)した方等については、新たな手続きが必要となりました。
受給者の方で、就業が困難な事情がないにも関らず、就業意欲がみられない場合、児童扶養手当の支給額の2分の1が支給停止されます。
ただし、下記の要件に該当する方(適用除外といいます)は、必要な書類を提出していただくことによって、2分の1の減額にはなりません。

  1. 就業している
  2. 求職活動等の自立を図るための活動をしている
  3. 身体上または精神上の障がいがある
  4. 負傷または疾病等により就業することが困難である
  5. 監護する児童または親族に障がい、負傷、疾病、要介護状態にあり、受給者が介護する必要があるため、就業することが困難である

問合せ先

  • 中央区役所(保健子ども課)
    TEL:096-328-2421
  • 東区役所(保健子ども課)
    TEL:096-367-9130
  • 託麻総合出張所
    TEL:096-380-3111
  • 西区役所(保健子ども課)
    TEL:096-329-6838
  • 花園総合出張所
    TEL:096-359-1122
  • 河内総合出張所
    TEL:096-276-1111
  • 南区役所(保健子ども課)
    TEL:096-357-4135
  • 幸田総合出張所
    TEL:096-378-0172
  • 飽田総合出張所
    TEL:096-227-1111
  • 天明総合出張所
    TEL:096-223-1111
  • 城南総合出張所
    TEL:0964-28-3114
  • 北区役所(保健子ども課)
    TEL:096-272-1104
  • 北部総合出張所
    TEL:096-245-2111
  • 清水総合出張所
    TEL:096-343-9161

母子家庭等自立支援教育訓練給付事業

母子家庭の母又は父子家庭の父を対象として、就業をより効果的に促進するための給付事業です。就業につながるような講座を受講した場合、受講修了後に受講経費の一部を支給します。

対象者

次の要件をすべて満たす方

  1. 熊本市に住所がある方で、母子家庭の母又は父子家庭の父であること
  2. 児童扶養手当の支給を受けているか、又は同等の所得水準であること
  3. 受講開始日現在において雇用保険法の教育訓練給付の受給資格を有していないこと
  4. 過去に自立支援教育訓練給付金を受給していないこと

対象講座

雇用保険制度の教育訓練給付の指定教育訓練講座
※対象講座などはインターネットで検索ができます。

支給内容

講座受講料の60%を講座修了後に支給します。
※上限20万円下限1万2千円です。講座受講料の60%が1万2千円を超えない場合は支給対象となりません。

申込み方法

事前相談が必要です。
申込みは、受講開始日以前になります。
※当給付金の支給の可否については、貸付等委員会で審査します。

問合せ先

  • 母子父子相談室(熊本市母子・父子福祉センター内)
    TEL:385-1228
    ※母子父子相談室は、火曜日~日曜日9:30~16:00(月曜日及び祝祭日は休み)
  • 中央区役所 保健子ども課
    TEL:328-2421
  • 東区役所  保健子ども課
    TEL:367-9130
  • 西区役所  保健子ども課
    TEL:329-6838
  • 南区役所  保健子ども課
    TEL:357-4135
  • 北区役所  保健子ども課
    TEL:272-1104

※各区役所保健子ども課は、月曜日~金曜日8:30~17:15(土曜日、日曜日、祝祭日は休み)

母子父子寡婦福祉資金貸付

母子家庭または父子家庭等の方の経済的自立を援助し、その扶養する児童等の福祉の向上を図るために、資金の貸付を行っています。

対象者

母子福祉資金・父子福祉資金
  1. 母子家庭の母または父子家庭の父
  2. 母子家庭の母または父子家庭の父が扶養している20歳未満の児童
  3. 父母のいない20歳未満の児童
寡婦福祉資金
  1. 寡婦(配偶者のない女子で、かつて母子家庭の母であった方)
  2. 寡婦が扶養している20歳以上の子
  3. 40歳以上の配偶者のない女子であって、母子家庭の母及び寡婦以外の方

資金の種類

  1. 事業開始資金
  2. 事業継続資金
  3. 技能習得資金
  4. 修業資金
  5. 就職支度資金
  6. 医療介護資金
  7. 生活資金
  8. 住宅資金
  9. 転宅資金
  10. 結婚資金
  11. 修学資金
  12. 就学支度資金

貸付の要件

  • 熊本市に居住していること(転宅の場合は、新居住地が熊本市であること)
  • 母子父子寡婦福祉資金償還金等の滞納がないこと
  • 経済的自立が不可能な程の多額の債務を抱えていないこと
  • 破産申立中でないこと

※別途、資金毎に貸付要件があります。詳しくは窓口までお尋ねください。
※日本学生支援機構等、他の資金貸付との重複はできません。

連帯保証人について

  1. 修学資金、修業資金、就学支度資金または就職支度資金(児童対象分)
    連帯保証人なしでも申請が可能です。
    ※児童が借主となる場合、児童の母または父が連帯保証人になることができます(母または父が連帯保証人の要件を満たす必要があります)。
  2. 修学資金、修業資金、就学支度資金または就職支度資金(児童対象分)以外の資金
    原則、連帯保証人が1名以上必要です(ただし、事業開始資金、事業継続資金の場合は3名以上)。
    なお、弁済する資力及び能力があることを条件として、連帯保証人なしでも申請が可能です。
  3. 全資金
    連帯保証人がいないと確実な償還が見込めないと判断される場合は、連帯保証人が1名必要です。

問合せ先

熊本市母子父子相談室

熊本市中央区水前寺4丁目47-50(熊本市母子・父子福祉センター内)
受付時間:火曜日~日曜日 午前9時30分~午後4時(月曜日・祝日休み)
TEL:096-385-1228

各区役所保健子ども課
  • 中央区保健子ども課(本庁舎3階)
    TEL:096-328-2421
  • 東区保健子ども課
    TEL:096-367-9130
  • 西区保健子ども課
    TEL:096-329-6838
  • 南区保健子ども課
    TEL:096-357-4135
  • 北区保健子ども課
    TEL:096-272-1104

母子家庭等高等職業訓練促進給付金等事業

母子家庭の母又は父子家庭の父を対象に、就業をより効果的に促進するための給付事業です。
専門的な資格を取得するため、修業年限1年以上の養成機関で修業する場合、訓練促進給付金を支給します。
また、修了支援給付金を修了後に支給します。

対象者

次の要件をすべて満たす方

  1. 熊本市にお住まいの方で、母子家庭の母又は父子家庭の父(父子家庭の父は、平成25年4月1日以降に修業を開始した方)であること
  2. 児童扶養手当の支給を受けているか、又は同等の所得水準にあること
  3. 養成機関において1年以上のカリキュラムを修業し、対象資格の取得が見込まれる者であること
  4. 就業又は育児と修業の両立が困難であると認められる者であること
  5. 過去に高等職業訓練促進給付金又は高等職業訓練修了支援給付金を受給していないこと

対象資格

看護師(准看護師)、介護福祉士、保育士、理学療法士、作業療法士、歯科衛生士、美容師、社会福祉士、製菓衛生士、調理師など

支給内容

支給額
月額100,000円(市町村民税課税世帯は70,500円)

支給期間
修業期間の全期間(上限36ヶ月)

問合せ先

  • 母子父子相談室(熊本市母子・父子福祉センター内)
    TEL:385-1228
    ※母子父子相談室は、火曜日~日曜日9:30~16:00(月曜日及び祝祭日は休み)
  • 中央区役所 保健子ども課
    TEL:328-2421
  • 東区役所  保健子ども課
    TEL:367-9130
  • 西区役所  保健子ども課
    TEL:329-6838
  • 南区役所  保健子ども課
    TEL:357-4135
  • 北区役所  保健子ども課
    TEL:272-1104

※各区役所保健子ども課は、月曜日~金曜日8:30~17:15(土曜日、日曜日、祝祭日は休み)

ひとり親家庭等医療費助成制度

熊本市では、ひとり親家庭等の方に医療費の一部を助成することにより、ひとり親家庭等の方の保健の増進や福祉の向上を目的として、ひとり親家庭等医療費助成制度を設けています。

助成対象者

熊本市に居住するひとり親家庭の父または母と児童、及び父母のいない児童。ただし、生活保護を受けている方は対象となりません。
また、児童扶養手当に準じた所得制限があります。

助成期間

  • 児童は18歳に達する日以降の最初の3月31日まで
  • 父または母は、扶養している最年少の児童が20歳になる誕生月の末日まで(1日生まれの場合は、前月末日まで)

医療費の助成範囲

保険診療における一部負担金の3分の2相当額を助成します。ただし、高額療養費・附加給付金・公費負担金がある場合は、その額を控除して助成します。
なお、次のものは助成の対象とはなりません。

  1. 保険診療以外の医療費
    入院時の室料差額、おむつ代、薬の容器代、検診代、予防接種代など
  2. 入院時の食事代(食事療養費の標準負担額)

診療を受けるとき

熊本市内または、市外(県内)一部の医療機関(調剤薬局を含む)で診療を受ける場合、健康保険証に添えて「熊本市ひとり親家庭等医療費受給資格者証」を提示すれば、保険診療における一部負担金の1/3を支払うだけで受診できます。
※「子ども医療費受給資格者証」(ひまわりカード)、「重度心身障がい者医療費受給資格者証」との併用はできません。

次の 1.~5.に該当するときは、いったん一部負担金の金額を支払った後、各区保健子ども課、総合出張所窓口で払い戻しの手続き(償還申請)をしてください。

  1. 1ヶ月(暦の月)に、ひとつの医療機関(入院・通院別)で一部負担金が21,000円以上のとき
  2. 県外の医療機関で、診療を受けたとき 
  3. 市外の医療機関で、一部負担金での診療を受けたとき     
  4. 他の法律や制度で一部負担金が安くなるとき(自立支援医療・小児慢性特定疾患など)
  5. 治療用装具に係る費用で保険者が保険給付を認めたとき

更新手続

毎年8月に、資格の更新手続き(現況届の提出)が必要です。ご本人様が直接窓口にて現況届をご提出ください。資格の確認を行ったうえで、該当される方には新しい資格者証を交付します。
※代理人や郵送での提出はできません。

各種届出

次のような場合は、速やかに届出が必要です。

  1. 加入している健康保険が変更になったとき
  2. ひとり親家庭等ではなくなったとき
  3. 市外へ転出するとき
  4. 生活保護を受けるようになったとき
  5. 振込を希望する金融機関を変更したいとき
  6. 住所、氏名等が変更になったとき

問合せ先

  • 子ども支援課 
    TEL:096-328-2158
各区役所
  • 中央区役所  保健子ども課
    TEL:096-328-2421
  • 東区役所   保健子ども課
    TEL:096-367-9130
  • 西区役所   保健子ども課
    TEL:096-329-6838
  • 南区役所   保健子ども課
    TEL:096-357-4135
  • 北区役所   保健子ども課
    TEL:096-272-1104
各総合出張所
  • 北部総合出張所
    TEL:096-245-2111
  • 河内総合出張所
    TEL:096-276-1111
  • 飽田総合出張所
    TEL:096-227-1111
  • 天明総合出張所
    TEL:096-223-1111
  • 城南総合出張所
    TEL:0964-28-3111
  • 幸田総合出張所
    TEL:096-378-0172
  • 花園総合出張所
    TEL:096-359-1122
  • 清水総合出張所
    TEL:096-343-9161
  • 託麻総合出張所
    TEL:096-380-3111

ひとり親家庭に対するJR定期券割引制度

児童扶養手当の支給を受けている方およびその世帯員が、通勤に伴うJR通勤定期券を購入する際に、各区役所 保健子ども課で発行する特定者資格証明書と特定者用定期乗車券購入証明書を提示することにより3割引で購入できます。

対象者

児童扶養手当受給者及びその世帯員

申請窓口

  • 中央区役所  保健子ども課
    TEL:096-328-2421
  • 東区役所   保健子ども課
    TEL:096-367-9130
  • 西区役所   保健子ども課
    TEL:096-329-6838
  • 南区役所   保健子ども課
    TEL:096-357-4135
  • 北区役所   保健子ども課
    TEL:096-272-1104

新規申請に必要なもの

  • 特定者資格証明書交付申請書
  • 特定者定期乗車券購入証明書申請書
    ※各区役所 保健子ども課に用紙があります。
  • 証明写真(タテ4cm×ヨコ3cmで、6ヶ月以内に撮影した正面上半身のもの)
  • 児童扶養手当の証書
  • 印鑑(認印で可)

申請後、特定者資格証明書、特定者用定期乗車券購入証明書を郵送いたします。



参照元|熊本県熊本市のひとり親支援窓口
https://www.city.kumamoto.jp/hpkiji/pub/List.aspx?cid=5&classsetid=1&classid=18

※本記事に掲載されている内容は平成28年8月時点のものです。制度改正等に伴い、掲載されている内容が最新の内容と異なる場合がございます。最新の内容と異なる点にお気づきになられましたら、お手数ですが下記までご連絡いただけますと幸いです。
info@mail.mamamoi.jp