シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

シンママ移住計画 その2:地域おこし協力隊って何?

ライター オイカワユキコ

小学生の娘と暮らすシングルマザー。「幸せになるために離婚した」をモットーに、個人事業主としてライター・役者・イベントコンサル・シュガーアーティスト・国際交流のNPO など多方面で活動中。

Photo yukiko oikawa

Countryside2 main

前回は移住先情報の集め方をご紹介しましたが、今回は「地域おこし協力隊」についてお話したいと思います。

地域おこし協力隊とは

人口減少や高齢化などの進行が著しい地方において、地域外の人材を積極的に受け入れ、地域協力活動を行ってもらうとともに、その定住・定着を図ることで、意欲ある都市住民のニーズに応えながら、地域力の維持及び強化を図っていくことを目的とした制度です。現在、全国で2,625名の方が活躍しています。

具体的には、地方自治体から「地域おこし協力隊員」として委嘱を受け、その自治体に住民票を移し各種の地域協力活動に従事することになります。
地域のブランド化や地場産品の開発・販売・プロモーション、都市住民の移住・交流支援、農林水産業への就業など活動内容は広範囲にわたります。条件・待遇なども案件によって異なりますが、地方自治体の委嘱になるので、就労条件就労条件などは事前にきちんと確認することができます。

総務省 地域おこし協力隊
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/02gyosei08_03000066.html

Facebook 総務省 地域おこし協力隊
https://www.facebook.com/chiikiokoshikyouryokutai/

募集情報の探し方は?

地域おこし協力隊のサイトは検索機能が充実しているので、自分の希望に合わせて募集情報を探すことができます。

[検索例]

  • 興味のある活動内容から(農林水産、環境、医療福祉、観光、教育、地域づくり等)
  • 希望する地域から
  • 報酬、活動日数、活動支援などの条件から
  • フリーワードで

地域を変えていく新しい力 地域おこし協力隊 活動を検索する
https://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/search/index.html

参加方法は?

  1. 気になる情報を見つけたら募集している地方自治体に直接問合せ、申込む
  2. 選考・面接の結果、採用が決定
  3. 自治体から「地域おこし協力隊」としての委嘱を受ける
  4. 現住所から採用先の自治体に住民票を移し、地域おこし協力隊として活動を開始

期間・待遇

1~3年の期間、地方自治体の委嘱を受け、地域で生活しながら地域協力活動を行います。
もちろん、契約終了後の地域定住も歓迎します。