シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

シングルマザーの就職・転職活動 就業実例集 ~ 動けば必ず何かが起こる ~

ライター 山木三千代

キャリアカウンセラーとして年間1,000人以上のシングルマザーの就職をお手伝いしています。私自身も4人の子育てと仕事を両立させながら収入をあげるため、多くの転職を経験。そのノウハウをお伝えします。

Photo mitiyo yamaki

225936 main  mother and child

シングルマザーの就職実例

他のシングルマザーは、みんなどうやってそんなにいい仕事を探したの?
あの人にはできたのに、どうして私はうまくいかないの?

そんなことを考えて、落ち込んだりしていませんか? 他の人の仕事や暮らしぶりを見て、自分だけ置き去りにされたような気持ちになることがあると思います。SNSの華やかな投稿を目にして、眩しく感じてしまうこともあるかもしれません。

でも、みんな同じようなことで悩み苦しみながら、必死で頑張っているんですよ。そんな先輩たちの事例を少しお伝えしましょう。個人情報保護のため設定など一部変更している部分もありますが、参考になれば嬉しいです。

実例1:シェルター避難→介護福祉士

夫のDVから逃れるため、小学生の娘を連れてシェルターへ避難。公共職業訓練で介護の資格を取った後、介護施設に未経験でパートで就業。シェルターから独立。子どもが中学生になると同時に正社員になり、夜勤もこなし収入をアップさせる。介護福祉士の資格を取得して、現在は2社目の介護施設に勤務している。

実例2:子どもの年齢を考えてパート勤務を選択

「子どもが小さいため残業ができない」という問題があったため、正社員の就業をいったん諦めて、フルタイムパートの仕事を選択。少ない収入でも生活ができるように、家賃の安い所への引っ越し、生活の見直しなど支出を減らす努力をする。残業のないパート勤務なので収入は多くないが、子どもの送迎が毎日でき帰宅後もゆっくり過ごせるので「充実した生活」と満足している。2~3年後、正社員として再度転職ができるようにスキル習得しながら働いている。

実例3:生命保険の営業職→入社2年で営業所トップ3の成績に

1歳の子どもを連れて、九州から縁もゆかりもない東京へ転居。「子どもとの生活を守りたい」それだけを願い、生命保険の営業職に未経験で就職。子育てママに理解が深い保険会社のメリットを最大限に活用しながら、入社2年で営業所トップ3に入る成績を上げる。今では、同僚だけではなく支社長からも、営業所の大黒柱として頼られる存在になっている。

動けば必ず何かが起こる

いかがでしょうか? これはほんの一例です。もっと壮絶な経験をされている方も大勢いらっしゃいます。
私は自立できたシングルマザーに定期的にインタビューをさせていただいていますが、その時に、みなさんが発する言葉があります。それは「動けば必ず何かが起こる」です。

一歩でも半歩でも前に進むと、必ず何か変化がある。怖くても、自信がなくても、できないと思いながらでも「動く」ことが必要だと、本当に驚くくらい全員がそう語ります。

貴女も動いてみませんか? どんなことでもいいのです。さぁ、何かを始めてみましょう!

変化を受け入れる

「その人だからできたのよ。私には何もないから無理。そんなチャンスもない」と思っていませんか? そんなことはありません。初めてお会いした時は、どの方もびっくりするくらいネガティブなオーラを漂わせていて、「できない」という言葉もたくさん聞きました。

ただ、彼女たちはどこかのタイミングで「変化すること」を受け入れのです。
「変化すること=怖いこと」だと思います。特に女性は、変化することが好きではありませんよね? 昨日と同じ今日が来て、今日と同じ明日が来る、平凡でもそういう風に毎日が続いていくことが、何より安心できるのだと思います。

でも残念ながら……、人生では望むと望まざるとに関わらず、様々な変化の波が襲ってきます。それを避けながら進もうとすると、逆に苦しくなります。

変化を受け入れるのもスキルのひとつです。難しそうに見えますが、このスキルを身につけるのは意外と簡単です。変化に順応できるようになるために必要なことは、たった3つだけです。

  • 自分を認めて信じる
  • 人生の目的を明確にする
  • 人に頼る

自分をもっと認めてあげてください。シングルマザーは今までに様々な体験をしながら、一人でお子さんを育ててきました。大変なこともたくさんあったでしょう。それをしっかりと乗り越えてきた、自分の力を信じてください。「私、なかなかできるよね!」と褒めてください。泣きたくなるようなことに遭遇しても、「私は、きっと大丈夫!」と唱えてみてください。

人生の目的も明確にしましょう。
貴女にとって人生の目的は何ですか?「子供との生活を確立する」「自立する」「楽しく暮らす」「時間に余裕のある暮らしをする」何かひとつ明確な目的ができると、達成する方法が見えてきます。自分がぶれなくなります。遠回りをすることになっても、目的に向かって進んで行きましょう。
あれもこれもと周りに振り回されず、割り切ること、必要でないものが必然的に分かってくるはずです。こだわりを捨てて、自分の道を歩んでいきましょう。

自分を認めて目的を明確にした後は、周りの人に助けてもらいましょう。上手に頼ってくださいね。
シングルマザーは、人に頼ることが苦手な方が多いように感じます。「私が頑張らなきゃ」そう思いながら日々を過ごされているからでしょうか? いいんですよ、人に頼っても。もっと周りに助けを求めてください。それは甘えでもなんでもなく、生きる知恵です。
自分一人の力は限られています。周りの人の力も借りて、迷惑をかけたり、かけられたりしながら少しずつ前進していきましょう。

チャンスに気づく

それでもまだ変化するのが怖い、そんな時は急がなくてもいいのかもしれません。ただし、絶対に止まらないことです。見ないふりをしないことです。諦めることはしないでください。

転職活動は少しお休みしてもいいかもしれません。それでも、情報は集めましょう。誰かの話を聞いたり、自分のことを聞いてもらう機会も常にあった方がいいと思います。色々な情報に触れることで新しい気持ちが生まれたり、知らなかったことを知ることでチャレンジしたいと思えるようになります。

チャンスは、あらゆる所に転がっています。「見えていないだけで、チャンスは実はたくさんある」ということに気付けると、新しい道が広がっていきます。そんな期待と不安を持ちながら、一息つくのもいいのかもしれませんね。



◆ご感想・ご質問や著者へのご相談を受付中!◆
この記事についてのご感想やご質問、ご相談にキャリアカウンセラーの著者が定期的に回答させていただきます。
まずはご感想からお気軽にどうぞ!
ご感想・ご質問・ご相談はこちら