シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

シングルマザーの再婚 その時手当はどうなるの?どうするの?

ライター オイカワユキコ

小学生の娘と暮らすシングルマザー。「幸せになるために離婚した」をモットーに、個人事業主としてライター・役者・イベントコンサル・シュガーアーティスト・国際交流のNPO など多方面で活動中。

Photo yukiko oikawa

225988 main512p

シングルマザー再婚 ひとり親支援への申告は?

「再婚したら、ひとり親の支援は受けられなくなる」と認識はしていると思いますが、「どの支援が受けられなくなるの?」「どのタイミングで申請するの?」と疑問も多いですよね。

「忙しくて忘れていた」「分からないから、そのままにしておいた」になってしまうと不正受給と見なされ、返金や罰則が科せられる場合もあります。今回は、再婚する際の支援の手続き方法について確認しましょう。

資格喪失届

児童扶養手当、児童育成手当、ひとり親家庭医療助成など、ひとり親家庭が対象の支援は「資格喪失届」を提出し受給停止を申告します。
※障害その他の理由で再婚しても手当の基準に入る場合は除きます。

変更手続き

児童手当、就学援助、こども医療助成など、再婚後も継続して受給を受ける支援は「変更届」を提出します。
※再婚に伴い、苗字、家族構成、所得が変わるので、変更手続きが必要になります。

児童手当
児童手当の請求者は「確定申告でどちらの扶養になっているか」とは関係なく決めることができるため母親のままでも問題はありませんが、収入の多い方を請求者とするのが一般的です。

就学援助(就学助成金)
4月に学校から「就学援助のお知らせ」の書類が渡されるので、「翌年度でよい」と思いがちですが、申請時と状況が変わった場合は年度内でも速やかに申請する必要があります。就学援助の管轄である「教育委員会」に電話で問い合せしましょう。

こども医療助成
自治体により異なりますが、多くの場合、以下のケースで変更届が必要になります。

  • 市外への転出または住所の変更があったとき
  • 加入している健康保険に変更があったとき、または資格がなくなったとき
  • 氏名が変わったとき

再婚して保険証が切り替わったら変更届を提出しましょう。

参考:手続きリスト

児童扶養手当 資格喪失届
児童育成手当 資格喪失届
ひとり親家庭医療助成 資格喪失届
児童手当 変更手続き
就学援助(就学助成金) 変更手続き
こども医療助成 変更手続き

申請のタイミングは?

「婚姻届を提出して何日以内」「同居を始めて何日以内」に申請しなければいけない、とは決まっていません。ただ、届出が遅れて過払いが発生すると返還請求される場合もあります。早めに申告しましょう。

「児童扶養手当法」では不正受給に関して以下のように明記されています。

児童扶養手当法
第三十五条 偽りその他不正の手段により手当を受けた者は、三年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S36/S36HO238.html

再婚とほぼ同時に同居する場合

婚姻届や住民票を提出する時に「手当の資格喪失届、変更届を出したい」と伝え、提出書類を貰いましょう。

先に同居していて再婚する場合

「生計を共にしてから何日未満なら不正受給にならない」という明確な決まりはありませんが、その分注意が必要です。
「数ヶ月前から同居してたのなら、その間の手当は返金してください」と言われ嫌な思いをしないためにも、「同居=生計は一緒」と考えて、申告するようにした方がよいでしょう。

再婚したが同居はまだ先という場合

婚姻届は提出したけど同居は数ヶ月先、という場合もあると思いますが「単身赴任の夫」と同じケースになるので、婚姻届と一緒に申告をするのがいいと思います。
なお、同居のために後日引っ越しをすると住所の変更届が必要になります。二度手間にならないように段取りはよく考えましょう。

同居、事実婚の場合

周囲から「同居、事実婚」と見られると民生委員の指導が入る場合もあります。迷ったときは窓口に相談するようにしましょう。

まとめ

手続き関連は面倒なことも多いので後回しにしてしまうこともあると思いますが、気持ちよく新しい生活を送るためにも、なるべく早めの対応を心がけましょう。

― 関連記事 ―
シングルマザー(母子家庭)の再婚を成功させるタイミングと気をつけたいポイント