シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

働きたいけど、子どもの預け先は?シングルマザー(母子家庭)の困ったを解決

ライター 辻寿子

フリーライター歴22年、シンママ歴6年。一卵性双生児の息子は、長男が脳性マヒで車椅子。日本化粧品検定1級、サプリメントアドバイザー取得。結婚歴3回、死別→離婚→離婚の経験あり。

Photo hisako tuji

226041 main512

働かなければいけないのに、子どもの預け先がない! 普段は保育園だけど、急な発熱や自分の病気、土日祝日はどこに預けたらいいの? 実家が遠方で近くに頼れる人がいない……、このように、子どもの預け先に困っているシングルマザーが多いと思います

母子家庭で重宝する子どもの預け先

認可保育園、認可外保育園、幼稚園以外で、二次的に子どもを預かってくれる所がないのは、シングルマザーにとって死活問題。就学しても、小学校低学年のうちは困ることも多いですよね。

安心して子どもを預けられる施設やシステムをご案内します。悩んだ時の参考になさってください。
なお、利用する場合は全て事前登録が必要です。

ファミリーサポート

住んでいる地域で登録することによって、子どもを預けられるシステムです。
援助してくれる「提供会員」と、援助してもらいたい「依頼会員」が助け合うシステムで、料金も1時間700〜1,000円程度とリーズナブルです。
提供会員が自分の自宅で子どもを預かってくれます。提供会員は、講習を受け保険にも加入しています。

病児・病後保育

子どもが病気で登園・登校することができない時に、預かってくれる施設です。多くの場合、小児科などと併設されています。
料金は割高ではありますが、病気の時は預け先が見つけにくいので、必要経費だと割り切りましょう。母子家庭の場合、早めに登録しておくと安心です。

保育ママ

保育ママは、家庭福祉員のことで、地方公共団体から認定されている資格所持者です。
主に待機児童対策として発足しました。自治体によってはいない場合もあります。
保育ママの自宅で子どもを預かるため、預ける前には必ず子どもと一緒にお宅を見せてもらいましょう。

ベビーシッター

自宅に来てもらい子どもを見てもらいます。
子どもが病気の時(伝染性の病気は基本的に預かってもらえない)や、休日の仕事、夜に出かけなければならない用事など、365日24時間預けることができます。
事前登録の他に、会社によっては契約なども必要になります。1時間1,500円程度(夜間は割増になることも)と、いつも預けるにはキツイ金額ですが、いざという時の強い味方です。

ベビーホテル

一般的な認可外保育園に深夜や宿泊の託児システムが併設されている施設です。
宿泊に限らず預けることができますが、施設によっては24時間対応でない場合もあります。
料金は1時間1,000〜4,000円というところが多く、宿泊は1泊25,000円以上かかる場合もあります。

子どもを預ける際の注意点

大切な子どもを預けるのですから、注意しておきたい点についてお伝えします。

事前に面談、見学をする

登録時には面倒がらずに責任者や実際の担当者と面談し、施設に預けるなら見学もしましょう。
特に自宅に招き入れるベビーシッターや、問題となったベビーホテルは、実際に会ったり施設を見せてもらったりして事前にきちんとチェックしましょう。
子どもとの相性もあるので、できれば子どもを連れて見学することをオススメします。

二次的預かり先は一ヵ所

子どもはあちこちに預けられると不安になります。「またママと離れるのか」という気持ちでいる上に、行く度に知らない場所や人に預けられると、ますます不安が強くなってしまいます。
病児保育は仕方がないとしても、それ以外の二次的な預かり先は一ヵ所に決めておきましょう。安心して預けられる上に、子どもも慣れて楽しんでくれるようになります。

シンママにはどれが強い味方?

保育園やおけいこ事の送迎をしてくれるのは、ファミリーサポートとベビーシッターです。
施設は保護者の送迎が必須なので、これはありがたいですね。

急な子どもの発熱で仕事が抜けられなくても、お迎えをお願いすることもできます(ただし、園によってはお迎えの人の事前登録が必要)。
伝染性の病気以外であれば病気でも子どもを預けられますし、ベビーシッターは病院へ連れて行ってくれることもあります。自分が病気の時や、急な残業にも対応してもらえます。

特にベビーシッターは自宅で見てもらえるため、子どもが必要以上に不安がることもありません。出張などでどうしても宿泊せざるを得ない場合もOKです。
ただし、できるだけ同じ人にお願いできるよう、一番手、二番手を自分なりに決めて、依頼時に指定をしましょう。信頼関係が何よりも必要ですし、子どもも懐いて楽しみにしてくれるようになります。

まとめ

子どもを最優先したいけど、仕事をおろそかにはできません。シンママが一番困るところですが、安心して預けられる先を見つけておくと、多少お金がかかっても本当に助かります。

― 関連記事 ―
要注意!シングルマザー(母子家庭)が子どもに言ってはいけない4つのNGワード
困ったときは誰に頼ればいいの?母子家庭の相談先
母子家庭の入学式と、子どもの気持ち