シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

母子家庭の生活費ってどうなってるの?子どもの貧困の現実とは?

ライター 辻寿子

フリーライター歴22年、シンママ歴6年。一卵性双生児の息子は、長男が脳性マヒで車椅子。日本化粧品検定1級、サプリメントアドバイザー取得。結婚歴3回、死別→離婚→離婚の経験あり。

Photo hisako tuji

226042 main

昨今よく耳にする貧困率。日本の貧困率は、15.8%という統計が出ています。そんなに貧乏そうな人は見当たらないのに……、不思議だと思いませんか? そもそも貧困とは何か、そこから抜け出すための方法についても考えていきましょう。

日本の貧困問題

シングルマザー(母子家庭)の貧困について考える前に、日本全体の問題について触れておきたいと思います。そもそも貧困率とは何で、どうしてそれが問題なのかを知っておきましょう。

貧困率とは?

ここでいう貧困率は、相対的貧困率のことで、簡単に言うと「所得が国民の平均値より半分以下の人の割合」です。

2009年のデータでは国民の平均所得は250万円なので、その半分の125万円以下の所得の人がどれくらいいるか、ということですね。つまり、年収が125万円を下回る日本人が6人に1人いる、ということなのです。

先進国で第4位!

世界的に見ても、日本の貧困率は高く、先進国30カ国中なんと第4位。特に問題なのは、子どもの貧困率が上昇しており、ひとり親世帯の相対的貧困率は54.6%(2015年)という、驚くべき数値であることです。

貧困率が高いということは、格差が大きいということを表していて、「今日食べるものがない」という絶対的貧困と同レベルのダメージがあると言われています。

「子どもの貧困」が社会的問題に!

貧困率が高いということは、貧困家庭で育つ子どもが多いということですね。しかも、子どもの貧困は連鎖すると言われています。どうして子どもの貧困は次世代にまで影響してしまうのでしょうか?

低学力・低学歴で就業が不安定に

所得の低い家庭で育った子どもは十分な教育が受けられないため、低学力となり、必然的に低学歴になってしまう傾向にあります。
すると安定した職業に就くことが難しく、結婚して子どもが生まれても十分な教育ができない、という貧困ゆえの連鎖に陥ってしまうのです。

格差が子どもに与えるダメージ

義務教育である小中学校の間は、家が貧しくても学校には通えます。ただ、格差は子ども同士でも感じています。
周りのみんなが当たり前に持っているもの・やっていることが、自分だけない・できないという環境にあると、子どもは「なんで自分だけ?」と心に破壊的なダメージを受けます。
もしお子さんが「どうせ私なんて」という言葉を使ったとしたら、傷ついた経験があるのかもしれません。

どうして連鎖するの?

昔はハングリー精神というものがありました。ところが格差社会では差が圧倒的すぎて、「勝負しよう」「見返してやろう」という気持ちにさえならないというのです。
将来に夢が持てず、仕事をすればいい方で、ニートや生活保護という方向にいく人も多くなります。子どもの貧困は、このように次の世代にまで連鎖していきます。