シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

あと、もうちょっと!のシンママの生活費節約術

ライター オイカワユキコ

小学生の娘と暮らすシングルマザー。「幸せになるために離婚した」をモットーに、個人事業主としてライター・役者・イベントコンサル・シュガーアーティスト・国際交流のNPO など多方面で活動中。

Photo yukiko oikawa

226077 main

「もう少しだけでも……、生活費を節約できるといいな」と考えているシンママは多いと思います。
今回は、筆者が実践している「もうちょっと節約!」をご紹介したいと思います。

食材はちょっと残し

食事を作る時に、野菜の切れ端をちょっとずつ残しておきましょう。
「食材、少ないかな?」と思う日に、買い物を我慢して残り野菜を利用した献立を考えてみましょう。食費が節約できますよ。
ほうれん草など日持ちのしない野菜は一回で使い切ってしまう方も多いと思いますが、我が家では冷凍保存して「ちょっと残し」をしています。

残り野菜のスープ「ミネストローネ風」、「豚汁風」など完璧な食材でなくても○○風なら色々作れます。食材のごちゃまぜ炒めや、卵とじなども我が家の定番料理です。少量の食材はお弁当作りにも活躍しますよ!

ご飯を炊く回数を減らす

ご飯は、毎日少量炊いたり保温して数日間食べるよりも、一回の炊飯量を増やして残りを冷凍保存した方が、お米を洗う水道代や電気代が節約できます。

我が家は娘と二人暮らしなので、ご飯は夕食に一人1杯食べる程度、パスタなどにする日もあるので、一度に4合炊くと1週間分の量なります。それを1杯分ずつ包んで冷凍しています。

仕事に行く前に朝から炊飯予約すればそれだけ電気代も使いますし、帰宅してから炊飯をすると時間もかかりますよね。冷凍保存しておいて解凍する方法が効率的だと考えています。

ちょっと残りのご飯もこまめに冷凍

毎日炊きたてのご飯を子どもに食べさせたい派のママもいると思います。
そんな方は、「一杯分は残っていないけど……、少しだけ炊飯器に余ってるから食べちゃえ! 子どもに多めによそっちゃえ!」ということはありませんか? 半膳以下のご飯でも冷凍保存してストックしておくと、一人分の量になりますよ。

電気の契約アンペアを下げる

契約アンペアを下げれば基本料金は安くなります。ただ、基本料金を下げても2段階、3段階の電力を多く使用していると電気代は結局高くなってしまいますよね。
基本料金を下げて1段階+2段階少し……、くらいの料金に収まることを目指しましょう。

契約アンペアを下げるために、我が家が心がけたのは

  1. 待機電力の節約
  2. 同時使用は「照明+冷蔵庫+その他の家電1」

の2点です。

シンママ家庭は昼間留守になることが多いと思います。外出前に不要な家電のコンセントを抜いて、待機電力を節約しましょう。

また、契約を下げてブレーカーが落ちるようになるとイライラしてしまうと思います。
原因になりやすいのはポットの湯沸かし、電子レンジ、掃除機、ドライヤーなど、負荷がかかりやすい家電の同時使用です。
なので、上記のうち1台でも使用する時は照明と冷蔵庫以外、つまり、TVやエアコンなどは消すということを心がけてみましょう。
ブレーカーが落ちるのを防ぐことができるとともに、電化製品の同時使用が少なくなり、電気の使用量全体も減りましたよ。

我が家では、この方法を1カ月続けてから電気料金の明細をチェックし、電気料金が1段階内に収まったのを確認してから契約アンペアを下げました。
電気の同時使用を控える癖がついていたので契約アンペアを下げてもブレーカーが落ちることは防げました。
現在は、2DKで30A契約。エアコンを多く使用する月は2段階を少々使用して2,000円程度です。

クレジットカードを賢く使う

クレジットカードは使いすぎてしまう印象がありますが、上手に使えばポイントもついてお得です。
一回払いにすることはもちろんですが、筆者が実践している「クレジットカード自分清算法」があります。

  1. 「食費」「消耗品費」「光熱費」「家賃」など項目別の封筒を作成し、月の生活費を振り分けて入れる
  2. 空の「クレジットカード」封筒を準備する
  3. クレジットカードを使ったら、その金額を「クレジットカード」封筒に移す
    元の封筒には「クレジットカードで○○円使用」と明記する
  4. 月末に「クレジットカード」封筒に溜まったお金を引き落としに備えて預金する

このように管理すると、クレジットカードで「月に何にいくら使ったか」を正確に把握できるとともに、クレジットカード代金の引き落とし後に貯金が減ってしまう、ということもなくなります。

まとめ

いかがでしょうか? 「節約は十分している」というシンママが多いと思いますが、もし参考になるものがあれば、新しい節約術として試してみてくださいね。

― 関連記事 ―
母子家庭の生活費ってどうなってるの?子どもの貧困の現実とは?
シングルマザー(母子家庭)の生活費、月にどれだけ必要?
シングルマザー(母子家庭)の生活費、何に使ってる?