シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

ひとり親になる決心はついた?やっておくべき離婚の準備 住居&生活費編

ライター 辻寿子

フリーライター歴22年、シンママ歴6年。一卵性双生児の息子は、長男が脳性マヒで車椅子。日本化粧品検定1級、サプリメントアドバイザー取得。結婚歴3回、死別→離婚→離婚の経験あり。

Photo hisako tuji

Smw0013

子どもを抱えて離婚するとなると、いろいろと心配なことがあります。しかし、離婚する前から準備をしていると何かと有利です。
今回は、特に重要な住居と生活費の準備についてお話したいと思います。

離婚したら住居はどうする?

今住んでいる住居は賃貸ですか? それとも購入後でローン中? 持ち家である場合は、離婚の際に財産分与をしなければなりませんが、ここでは離婚後に困らない住居の確保の方法を見ていきましょう。

実家に戻る

子どもが就学していて転校をしたくない、親と心理的に距離が離れているなど、実家に帰るのが難しいケースもありますが、多くのシングルマザーが離婚の時に実家に戻っています。子どもを抱えて一番甘えやすく、長く世話になりやすいという利点がありますよね。
ただ、何よりも身内だからこそ、言われて腹が立つこともあるでしょう。子育ての価値観の違いや生活習慣のこと、生活費のことなど、しっかり話し合ってお互いに負担ない同居生活を送りたいですね。

離婚前に家を借りる

裏ワザと言ってもいいかもしれませんが、離婚する前に「夫が単身赴任なので」などと言って、部屋を借りる方法もあります。

正社員としてずっと働いていて、所得証明などがあれば問題ないのですが、無職やパートではなかなか部屋も貸してもらえません。
不動産会社でウソをつくことになってしまいますが、まだ離婚前なので保証人の問題もあまりなく借りられるでしょう。その際、賃貸名義人を自分にしておくことをお勧めします。離婚後に前夫から名義人を変更する手間が省けます。

公営住宅を借りる

倍率が高く、なかなか当選しないことで有名な公営住宅ですが、場所にこだわらなければ、意外と常時募集の物件があるものです。なお、離婚してひとり親となった場合は自治体によっては「特枠世帯」として当選確率が高くなります。

家賃も一般の住宅に比べると格安です。例えば、都営住宅の場合は前年度の年収で家賃が決定するので、賃貸住宅の半分以下で借りることができる場合もあります。しかも更新がなく、周りにひとり親世帯も多いことから心強いというメリットもあるようです。
そのかわり、自治体がしっかりしているだけに役員の仕事が回ってきます。清掃や環境保全の活動もあるようです。子どもを理由に避けることはできないので、近所づきあいは避けられないと思った方がいいでしょう。

離婚後の生活費はどうする?

結婚中もずっと正社員として働いていたという人や、フリーランスなどで十分に稼げるという人は問題ないでしょう。
ただ、結婚や妊娠をきっかけに専業主婦になっていた場合、離婚の際に一番考えるのが生活費のことだと思います。逆に言えば、生活費さえどうにかなれば離婚に踏み切れる! という場合は、ぜひ参考にしてみてください。

パソコンスキルを磨く

再就職時にほとんどの仕事で必須になるのが、パソコンスキルです。正社員でなくても基本的なキーボード入力はもちろんですが、Word、Excelも問題なく使えるようにしておきたいところです。
メールやWEBサイトの知識も少なからず求められます。自分で設定ができるように練習しておくといいでしょう。

離婚前に資格を取る

離婚後に一人で子育てをし、生活費を稼ぎながら資格を取るための勉強をするのは本当に大変です。専業主婦なら夫にわからないように勉強することも可能です。就職に役立つ資格や、自分がやりたいと思う資格を取っておくとよいでしょう。

離婚前に再就職する

夫や子どもには離婚のことはほのめかさずに「働きたい」という意志を伝えてから就職活動をするのもひとつの方法です。

離婚前に仕事と家庭との両立のリズムを作っておけば、離婚後の生活イメージがつきやすいと思いますし、なにより離婚後すぐの生活費の心配をしなくてすみます。ひとり親でない分、就職にも有利です。正社員であれば、離婚後の住居も借りやすくなり、メリットはたくさんあります。

離婚準備で困ったら、どこに相談すればいい?

「いろいろと準備はしたけれど……、いざという時はどこに相談したらいいの? 」「準備する方法がわからない」
「離婚したい」という思いを抱えて、一人で悶々と悩んでいませんか? 離婚に関する相談内容別に適切な相談窓口がありますので、ご紹介します。

無料で離婚の法律について相談したい
法テラス・行政の無料法律相談・家庭裁判所の家事相談

離婚情報がたくさん欲しい
女性センター・WEBサイトなど

家庭内暴力について相談したい
配偶者暴力相談支援センター

ひとり親家庭の支援について情報が欲しい
自治体の福祉窓口・WEBサイトなど

離婚後の仕事について
女性センター・自治体の福祉窓口・ハローワーク

離婚協議書や養育費の取り決めについて
弁護士・司法書士・行政書士・公証人

子どものことについて
子どもの担任、スクールカウンセラー、児童相談所

まとめ

一人で秘かに準備を行うのは大変だと思いますが、衝動的に家を出たりすると後々不利なことになってしまいます。しかるべき人や機関に相談しながら、しっかりと準備しましょう。


★支援・手当についても一通りチェックしたい方こちらをチェック
児童扶養手当だけじゃない!母子家庭が頼れる支援制度をまとめてご紹介