シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

本音聞いちゃいました!シンママが再婚したい理由は?

ライター オイカワユキコ

小学生の娘と暮らすシングルマザー。「幸せになるために離婚した」をモットーに、個人事業主としてライター・役者・イベントコンサル・シュガーアーティスト・国際交流のNPO など多方面で活動中。

Photo yukiko oikawa

226106 main

シンママが再婚したいと思う理由は?

自ら望んで離婚した場合、離婚直後は「結婚なんてもうこりごり」と思うでしょう。
では、一度は結婚生活に終止符を打ったシンママが、「再婚したい」と思うようになる理由は何でしょうか? なかなか聞けないシンママの本音をレポートします!

経済的に安定したい

最も多かったのは、経済的に安定したいという理由です。
一人で仕事と家族のことを両立させようと必死に努力してきたシンママ。「働きたくない」とか「お金が欲しい」という意味ではなく、「一人では大変」ということを痛感し、夫婦で役割分担してより良い家庭を作りたいと考えているようです。

守られたい

母親である皆さんは、常にお子さんにたくさんの愛情を注いで守っていますよね。もちろん、お子さんからも多くのものを貰っていますが、やはり親が与える気持ちの方が勝ると思います。
男性の中には「家族は自分が一生守るもの」という信念を持っている方もいますが、シンママとして何年も気を張って生きていると、「自分もまた誰かに守られたい」と思う気持ちが芽生えてくるのも自然なことのようです。

兄弟(姉妹)を作ってあげたい

前夫との間に子どもが一人しかいない場合、兄弟を作ってあげたいと考えるシンママが多いようです。
「再婚して、早くもう一人産みたい」と思う方もいますし、「今から弟や妹ができても、兄弟としてはちょっと年が離れすぎてしまう」と、お相手もシンパパで子どもの年や性別なども考慮して再婚を望む方もいます。

精神的に安定したい

女性に限ったことではありませんが、仕事、子育て、親の介護、自分の老後問題など、人生には多くの課題が押し寄せてきます。
「一人でいるのはやはり不安、色々な悩みを話し合い、支え合えるパートナーが欲しい」と考えるようになるようです。
また、「自分に万が一のことがあった時に、子どもに不安な思いをさせたくない」という思いから再婚を望むケースもあります。

子どもに男同士の会話をさせてあげたい

シンママにとって、男の子は未知の存在。お子さんにとって祖父にあたる実父が近くにいたとしても、子どもも少し相談しにくそう……。男の子が成長した時に、パパの存在の大きさを察するようです。

男性に希望を持ちたい

少なからず男性に失望して離婚したけれど「全ての男性がそうではない」と思いたいシンママも多く、「男性不信から立ち直りたい」「もう一度人を信じて歩みたい」と再婚を願う方もいます。

専業主婦になりたい

「離婚して色々な仕事にチャレンジしたけれど、自分の天職は専業主婦だと気が付いた」というシンママもいました。共働きも増えましたが、家をしっかり守ってくれる女性を求めている男性もいます。家族観がマッチしての再婚も「良い縁」だと思います。

老後一人は寂しい

子どもはいつか巣立っていくもの。そうなった時に一人は寂しいから、老後を一緒に過ごす相手が欲しいと考えているシンママも多数います。
母親は、なんだかんだ言っても子どもの世話をするのが好きですよね。子どもが成長して離れていくと、嬉しい反面、寂しさも感じるものなのかもしれません。

まとめ

いかがでしたか? 一度結結婚し離婚した経験があるからこそ、家族のためにひとりでできることに限界があるとわかり、助け合う人がいることの幸せを噛みしめることができるのではないでしょうか?
恋愛感情だけが再婚の理由ではありません。再婚したい! と思う方は、まず自分がそう感じる理由を明確にして、それを満たせる幸せな再婚をしてくださいね。

― 関連記事 ―
シングルマザー(母子家庭)の再婚を成功させるタイミングと気をつけたいポイント
メンズに聞いた!シングルマザーとの恋愛・結婚はアリ?ナシ?
不正受給にならないために!母子家庭が再婚後に気をつけたい支援制度の資格消失届